「DMM亀山会長の儲け哲学」2記事まとめ

Photo by Matthias Ripp

日刊SPA!に「DMM亀山会長の儲け哲学」が2記事掲載されました。

備忘録として記事にしたためたいと思います。

 

DMM亀山会長の儲け哲学「当たるビジネスはわからないけど、当たらないのはわかる」

不明確なものでも人を集めたらいいという考えが出てきた。ある意味若い連中からすると、大体のビジネスがやり尽くされているわけで、そこにしかチャンスがない。今のビジネスというのは、現在存在しないもので面白いものを作っていって、そこに人を集めるというのが大切になってくる。

「人を集める」というのは、これからビジネスを考える人にとって、とても参考になる言葉です。

 

DMM亀山会長の儲け哲学「面白そうなビジネスが集まる環境づくりが大切」

最終的には信用かな。一時的に儲かるものというのはパッとしない。みんなに支持されるサービスは継続的に利益を生みやすいよね。それはアダルトであっても同じ。ウチは真面目にアダルトをやってきたから信用があるわけよ。だから、FXとか始めてもみんな来てくれるし、アダルトだけど「DMMは詐欺しないよね」みたいな雰囲気がある。それが次のビジネスにも繋がっていく。

DMMの唯一の決まりは「詐欺をしない」だと聞いたことがあります。普段、「テキトー」に見えてこういうところがしっかりしている亀山敬司さんて、とても素敵です。

 

今日のまとめ

日刊SPA!の「DMM亀山会長の儲け哲学」を備忘録としてまとめました。「毎回まとめてどうするんだ」という感じですが、そんなサイトがひとつくらいあっても良さそうです。