【フィリピン】ジョリビー(Jollibee)、ご当地ファストフードチェーン店はやっぱり楽しい

Jollibee

その国の人にとってはごく当たり前のものでも、外国の人にとっては珍しいものってたくさんありますよね。

そのひとつがご当地のチェーン店です。僕も海外にいて、「なんだかよく見かけるな」と思ったら、その場でインターネットで調べるようにしています(もちろん英語です)。

調べた結果、「その国」のチェーン店だと分かると、ぜひ入ってみたくなるのです。

今回はフィリピンのファストフードチェーン店であるジョリビー(Jollibee)を紹介します。

 

フィリピンのハンバーガーチェーン店、ジョリビー

ジョリビー(Jollibee)

ジョリビー(Jollibee)は、フィリピン発のファストフードチェーン店です。

Webサイトを見ると、メニューが乗っています。

パンケーキサンドイッチが50ペソ(約100円)、スパゲティも50ペソ(約100円)といったように、僕たちが知っているファストフードと比べてもかなり割安であることが分かります(平均月収が4万円ということを考えれば納得です)。

そんなジョリビーは、マクドナルドと同じくらい、街中の至る所にあります(フィリピンはマクドナルドも多いです)。

安いこともあり、特に土日は地元のお客さんで溢れかえっています。

 

ジョリビーのメニュー

Jollibee

2017年5月にフィリピンに行ったとき、ジョリビーにも行ったのでそのときのメニューを撮影してきました。

  • YUM WITH CHEESE(ハンバーガー)
  • FFRIES(フライドポテト)
  • COKE(コーラ)

このセットで85ペソ(約170円)です。

関連:【4日目】フィリピンの記録 – マニラ首都圏を散歩してきました

 

Jollibee

ポテトもとてもおいしいです。

 

Jollibee

紙コップに入ったコーラ

 

限定のハロハロ

Jollibee

そして、こちらが限定(?)のHALOHALOSND(ハロハロサンデー)です。

39ペソ(約78円)。

フィリピンは南国でとても果物がおいしいです。ハロハロも文句ない味でした。ファストフードでこの味は、かなりおいしい部類に入ると思います。

これだけ食べて124ペソ(約248円)と考えると、かなり安いですよね。

 

もう1回分のジョリビー

Jollibee

こちらは2017年3月にフィリピンに行ったときに食べたジョリビーです。

初めてのジョリビーでした(笑)

 

Jollibee

このときは現地の人に「スパゲティがおいしい」と聞いていたので、スパゲティを食べました。

私見ではハンバーガーの方がおいしいと思います(笑)

 

Jollibee

一眼レフで撮影すると、妙にセクシーなコーラ。このときは透明のコップですね。

 

Jollibee

アイスの入ったサンデーです(甘党です)。

 

今日のまとめ

ジョリビーを紹介しました。フィリピンにはジョリビーが多くあります。普段、日本では見ることができないお店なので、フィリピンに行ったときはぜひ入ってみるのをオススメします。そんなジョリビー、そろそろ日本に上陸するとかしないとか…!?