【6月21日】タイのスコールはやっぱりスゴかった

タイ

タイの気候は「熱帯モンスーン気候」です。

これは乾季と雨季(あと暑季)があります。

今は6月なので雨季にあたります。

気温は30度以上、カラッと晴れているかと思えば、突然雨が降ってあたりまえという環境です。

これはオーストラリアのケアンズにいるときも体験しましたが、日本で生まれ育った僕はなかなか慣れません。

朝起きたときはあんなに明るかったのに、曇ってきて、バケツをひっくり返したかのような雨が降ります。

日本で言う、「バケツをひっくり返したような雨」とは規模が異なり、本当にバケツ状態だと感じます。

ちなみに、上の画像は「雲行きが怪しいな」と思ったときに撮影したものです。

その後、やはりバケツをひっくり返したような雨が降りました。

かと思ったらいきなり晴れる、これも東南アジアの魅力のひとつだと思います。

以上、引きこもりが続く部屋からお届けしました。