【6月24日】香港での洗濯はクリーニング屋(洗衣便利店)におまかせ

陽光

個人的に注目しているのが「洗濯」です。

人間の生活の基本を司る「衣食住」のひとつ「衣」に相当する部分だからです。

ちなみに、今後さらに移動する人々が増えると、このクリーニング屋さんやコインランドリーの需要は増えるのかななんて思っています。

さて、そんな洗濯ですが、滞在先では頭を悩ませることのひとつだったりします。

香港ではクリーニング屋がとても多いため、洗濯はすべてクリーニング屋さんにお願いすることにしました。

 

部屋を決める条件

僕は、ほとんどの滞在先をAirbnbで決めます。

そのとき、「洗濯機あり」の家を選ぶようにしています。ちなみに他の「アメニティ・設備」はこんな条件で設定しています。

  • キッチン
  • ワイヤレスインターネット
  • エアコン
  • セルフチェックイン
  • ノートPC向きのワークスペース
  • ヘアドライヤー

もし、これでも多くの物件が当てはまり迷う場合は「乾燥機」なども追加します。

「キッチン」や「セルフチェックイン」にチェックを入れると、比較的良いホテルになることが多く、必然的に「ジム」や「プール」も付いてくることが多くなります(トレーニングは部屋派なので行きませんが)。

ということで話が逸れましたが、できるだけ「洗濯機あり」を選んでおくのがオススメです。この場合、部屋にあるか、もしくはマンションが入っている施設の1階などにクリーニング屋が入っているかになります。

ちなみに今回の香港の物件は決めるのが遅かったため、また相場が高かったため、「洗濯機がない」部屋です。

 

香港はクリーニング屋で洗濯が主流

インターネットを見ていると、香港はクリーニング屋で洗濯をするのが主流(特に旅行時)だと知りました。

地図を見ると分かるように、香港は日本の沖縄より南にあり、亜熱帯気候に分類されます。雨が多い季節は外に干したり難しそうですものね(と書いておいてなんですが、僕は洗濯ものは外に干しませんが)。

 

Google マップで検索する

クリーニング屋に限ったことではありませんが、探しものをするときはGoogle マップが便利です。

「laundry」「洗衣便利店」などで検索すると、今いる場所の近くのクリーニング屋が表示されます。もし日本にいて香港の場所を探したいときは、地図の場所を香港に合わせて「このエリアを検索」をすれば、検索することができます。

そうすると、かなりのお店が表示されるはずです。

今、僕が住んでいる尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にも多くあります。

今回使ったのは、香港のクリーニングチェーン「陽光洗衣便利店(SUNSHINE Laundry Convenience Store )」です。

 

クリーニング屋に洗濯ものを持っていく

クリーニング屋には洗濯ものをまとめて持っていきます。それこそTシャツから靴下、パンツまで全部です。

すると、店内で重さを量ってくれます。

価格は2ポンド(約900g)で$48(約720円)でした。

これは大人1人の3日分の洗濯ものです。

できあがりはかなり早く、夕方に持っていって翌日お昼仕上がりでした。基本その日に仕上がるようです。

コインランドリーと違って洗濯の待ち時間もないですし(本を読むので良いですが)、お金を払って手間を省けるなら、これはかなり良いと思います。