「愚痴」はエネルギーに変えて出力した方がよいと思う

いわゆる「会社員」の人が集まる食事会に行くと、社内の愚痴を聞くことが多くます。

不特定多数の人間が集まるため、それは仕方ありません。

しかし、あまりに長時間特定の人のことを言い続けるというのも美しくはない…。

聞いている側も、片方の意見しか聞かないうちは情報にバイアスがかかってしまうため、コメントもしにくかったりします。

もし、誰かに対して「愚痴」を言いたいなら、会社に対して「愚痴」を言いたいなら、その「自分ならこうする」というエネルギーを使って「起業」をするのが良いと思います。

僕自身、20代半ばまでアルバイトをしていましたが(いまだに就職をしたことはない)、そのとき「自分だったらこうする」と思っていたことは、今実際にしています。

あまり良くないと思いますが「こうなりたい」より、「こうならないようにしよう」で生きてきてしまったので、いまだに反面教師を燃料にすることが多いのです。

「不満」を愚痴として出力するか、燃料として出力するかで人は大きく変わるはず。

どうするかはその人次第なのだと思います。