Airbnbのサポートが素晴らしかったこと

Airbnb

Photo by Airbnb

僕は旅行をするときはAirbnbで宿泊先を探します。

Airbnbは格安民泊と言われることもありますが、借り方はさまざまです。みんなとシェアしながら住むこともできるし、大きな一軒家で贅沢な時間を過ごすことも可能です。

ちなみに僕は「みんなとシェア」みたいのがあまり得意ではないため、「まるまる貸切」タイプを選び、「セルフチェックイン」の物件を選んでいます。

セルフチェックインにすると、ホストさんの説明や鍵の受け渡しがないので、気楽にいられるというのもひとつの理由です。そういう交流が好きな人もいますが、価値観は人それぞれ異なります。

さて、今回、マニラに滞在したとき、「条件とだいぶ違うな」と思ったため、Airbnbのサポートに問い合わせました。そのサポートの対応が素晴らしかったという話しです。

 

Airbnbの「フィルター」

Airbnbでは家を選ぶときにさまざまな条件(フィルター)を選ぶことができます。

たとえば僕だったら「今すぐ予約」「セルフチェックイン」「キッチン」「洗濯機」「エアコン」「ワイヤレスインターネット」「ドライヤー」などです。

「今すぐ予約」とは、Airbnbの場合、ホスト(部屋を貸す側)が借り手を選ぶこともできるのです。このやりとりが面倒なので、僕は通常のホテル予約サイトのように、選んで即借りられる「今すぐ予約」を選んでいます。

国によっても異なりますが、上記の条件くらいを選ぶと、比較的レベルが高い物件を絞ることができます。おそらく「キッチン」や「洗濯機」が底上げする要因だと考えられます。

それでも多いときは「乾燥機」などを加えるときもあります(多いと選びにくいですからね)。

ここまで絞ると、ホテルの場合はジムやプールが付属しているところも多くなるでしょう。

 

条件が違う

しかし、これだけ条件を絞っても、チェックインすると条件が違うことがあります。

特にニオイなどはフィルターにかけられないので難しいところです。エアコンはあるけどエアコンフィルターが掃除されていないとか、布団がしっかりクリーニングされていない(?)とか…(しっとりしてるとかあるんです)。

今回、マニラ(フィリピン)で滞在した物件が、ドライヤーがないというものでした。

そこで、Airbnbに連絡して条件が違う旨を申し入れました。同時にホストにも連絡を入れます。

 

Airbnbのサポート

Airbnbのサポートは、最初は条件によって自動で割り振られます。

「はい」「いいえ」を選択すると、次にやるべきことが自動で表示されるといった具合です。

その後、ひとりひとりについてかなり親身になった返答があります。

たとえば僕の場合、ホストに「ドライヤーがない」と連絡すると、あたかも最初から「ドライヤーを用意していない」ように変更されてしまいました。

この証拠を伝えるのはかなり難しいと思いましたが、Airbnbでは選択時の条件などがきちんとログ(記録)として残っているそうです。

私の方で確認させて頂きましたところ、確かに◯◯様がご予約された際にはアメニティに「ヘアドライヤー」の記載がございました。

これはスゴく心強いですよね。正直でいる分には怖くないことになります。

その後、「どのようなサポートを希望するか」など丁寧に対応してくれました。また、Airbnbの方からホストに連絡する(交渉する)ことも可能だと言ってくれました。

今回、当日家を変更することも可能だったのですが、手数料やら時間やらを考えると、自分でドライヤーを用意するのが良いという結論に至ったため、何もしませんでした(相手に料金の請求もできるようになっています)。

 

Airbnbのトラブル回避方法

Airbnbはホテルに代わるほど便利なサービスです。

しかし、サービス開始してからの歴史が浅いこともあり、まだ行き届いていないのも事実です。だからといって使わないのももったいないと思います。少しずつ改善されればよいのはどのサービスも同じです。

さて、今回Airbnbで少しトラブルに近いことがありましたが、サポートの人からは「スーパーホスト」を使う方法のもオススメと提案いただきました。

※スーパーホストとは、経験豊富なホストに与えられる称号です。

海外でのご滞在ということで、文化の違いや習慣の違いなどもあるかとは存じますが、そういった備品に関しましては特にホスト様のホスピタリティ、おもてなしの心が表れる部分かと思います。

どの文化、国でもホスピタリティをもってホスト様としてご活躍されておられる方は沢山いらっしゃいますので、これからもご予約の際に、過去のゲスト様のレビューや、スーパーホスト検索という機能をご利用されることをお勧めいたします。

あとは、ある程度お金をかけることで、トラブルに遭う確率はより少なくなります。

実は今回もマニラ首都圏の中でもマカティを選んだのですが、それでも難しかったようです…。

100%トラブルを防ぐことはできないのは仕方ありません。

 

今日のまとめ

サポートひとつで好感度がガラリと変わると改めて感じる一件でした。海外にいながら自分の家のように暮らせるというのは、とても便利なものです。サポート体制が整っているAirbnbは、今後もぜひ使っていきたいと思います。