【2日目】オーストラリアの記録 – 入国審査に引っかかる

ケアンズ

オーストラリア行きの飛行機は早朝か午前中に着くため、機内泊になることが多いそうです。

今回僕が乗った飛行機も、20時に出発して、現地4時に到着しました。

機内泊は意識が落ちるまでが大変ですよね…。

そんな思いを持ちながら、オーストラリアのケアンズに着きました。

 

ケアンズ到着

オーストラリア

いつも通り、飛行機到着したら行うことは以下の3つになります。

  1. 入国審査
  2. 両替
  3. SIMカード

今回は入国審査に戸惑ったこともあるので、記録を付けておきたいと思います。

 

1. 入国審査

オーストラリアの入国審査は以下の流れになっています。

  1. 端末にパスポートを挿入
  2. カードが出てくる
  3. カードをゲートに挿入
  4. 入国審査ゲートで写真撮影(←この時点で入国審査は完了します)
  5. 荷物受け取り
  6. 税関・検疫検査

今回、僕は「写真撮影」「税関・検疫検査」に引っかかりました(笑)

写真撮影

写真撮影は、カメラに向かうと自動で撮影されます。通常はここで入国審査完了です。パスポートと一致をさせているのか、ちょこちょこと自動入国ができない人がいました(パスポートの写真と違いすぎる?)。

僕は片目をケガしているため、カメラが人間の顔だと判別できなかったのでしょう。有無を言わさず、手動での検査となりました。こういうみんなと一緒にできないのは慣れっ子なので大丈夫です…。

税関・検疫検査

税関・検疫検査は、高価なもの(1万AUD以上)を持ったまま入国していないか、持ち込み規制がされているものを持ち込んでいないかをチェックされます。

カウンター前で入国カードを渡して、指定の検査台へ。通常は荷物をすべてX線撮影にかけるだけだが、まれに荷物チェックが行われることもある。

地球の歩き方 オーストラリア 641ページ

ここで引っかかりました(泣)

まさかとは思いましたが、自分だけ人に連れて行かれて、そこで空港係員の人に色々質問されながら荷物を開封していきます。係員の人も手袋をしたりするので、逆に緊張します…。

ちなみに聞かれる内容はこんなことでした。

  • 何日くらい滞在するの?
  • 何の目的?
  • 滞在先はどこ?
  • 何が入っているの?
  • これは? これは?

何日くらい滞在するのかは、普通に答えることができます。僕の場合は11日間でした。途中でゴールドコーストに行くことも伝えています。怪しまれたのは荷物の量です。

「11日間でこれだけ!?」

というのがあっちの言い分なのでしょう。たしかに10リットルデイパックだけですからね(笑)

目的も「観光」で問題ありません。

「滞在先」はホテルではないひとつの家の住所を書いていたので、また怪しまれました。「Airbnbを使って〜」といった感じで確認メールも見せてようやく納得してくれました。

バッグの中身は、iPadやMac、一眼レフカメラは「新品?」など、それ聞く必要あるのかといったものがありました。

もちろん何も出るはずもなく、「Thank you.」みたいな感じで終了です。

今後、多くの人の荷物が減り、Airbnbみたいな民泊サービスがさらに普及したら、こんなことにならないのでしょうか。昔と比べて、音楽プレーヤーも本もカメラもスマホ一台で完結できるようになっています。また、衣類用圧縮袋も進化しています。それなのに荷物の量が変わらない方が不自然だと思うのですが、どうなのでしょう。

アチラも仕事なので仕方ありませんが、けっしていい気持ちはしないですよね(笑)

 

2. 両替

入国ができたら両替です。

厳密に言うと、両替は「入国審査」と「税関・検疫検査」でもできます(それを言ったら日本の空港でもできますが)。

もちろん税関・検疫検査まですべて終えたあとの出口(空港内)でもできるので、焦る必要はありません。もっともクレジットカードがあれば、いつでもキャッシングできるので両替窓口を使わなくても大丈夫です。

僕は初回は窓口で両替をします。2回目以降に現地のお金が必要になったときは、すべてキャッシングを使っています。極力現金決済をしないようにしていますが、どうしても現金が必要なときもあるのです。

 

3. SIMカード

空港からケアンズに出る前に購入しておきたいもののひとつがSIMカードです。

ケアンズ国際空港には、旅客用のプリペイドSIM売り場がありません!

SIMが買えないわけではなく、空港の売店で購入することができます。ただし、SIM売り場のお姉さんがいるわけではなく、普通のレジカウンターでお会計をするだけなので、自分でセッティングをする必要があります。

今回、旅の冒頭にもっとも手間取ったのがこのSIMカードの設定でした。

こちらは別途記事にしたためたいと思います。

 

アーリー・チェックインを利用するのもあり

ケアンズに到着したのは、午前4時30分。

しかし、さまざまな障壁があったために、一段落したころは午前6時を回っていました…(汗)

ただ、それでも多くのお店は開店前です。また、多くの宿泊先はお昼以降でないとチェックインができません。

前述のように、オーストラリアに到着する便は、早朝か午前中が多いため、オーストラリアでは追加料金を支払うことで早朝からチェックインできる「アーリー・チェックイン」が利用できるようになっています。

日本からオーストラリアへの便が到着するのは、朝方から午前中がほとんど。ホテルのチェックインは15時頃が多いが、追加料金で早朝から部屋に入れる「アーリー・チェックイン」サービスを利用すれば時間を有効に使える。

るるぶオーストラリア(2016年版) 6ページ

僕のようにAirbnbの人は、前日部屋が空いていたら早くチェックインできないかホストにお願いするか、やりとりが面倒なら、前日から予約をするのもよいでしょう。僕はホストが気をきかせてくれて早めに入れるようにしてくれました。

 

Uberを使ってマクドナルドへ

とは言え、さすがに6時にチェックインするわけにも行かないので、マクドナルドに行くことにしました(巨大!)。

移動はもちろんUberです。

オーストラリアは物価が高いこともあり、10分程度の乗車で9AUDでした(日本と大きく変わりません)。

価格はともかく、現地のタクシーを使うより、よっぽどサービスに透明性があります。

今回使ったマクドナルドはこちらです。

オーストラリアはクレジットカード社会(小銭が重たいため)ということもあり、マクドナルドはセルフ注文でした。タッチパネルを使って注文して、決済もクレジットカードなどでその場で決済します。

僕は戸惑っていたら店員さんが助けてくれました(笑)

 

マクドナルド マクドナルド

買ったのは、コーヒーとマックフルーリーのM&M’S、日本にはないですよね。

 

Woolworths Cairnsへ

Woolworths Cairns

マクドナルドで今日やることや仕事をしたあと、開店する頃を見計らってスーパーマーケット「Woolworths Cairns」に行きました。海沿いのため、とても景色がきれいでした。

Woolworths Cairnsでは日用品や食料品を買い込みました。

 

海がきれい

海がとてもきれいだったので、写真を撮りました。

ケアンズ ケアンズ ケアンズ