【10日目】オーストラリアの記録 – 今日はイースターホリデー、Sweet Fusionのライブが素敵

ゴールドコースト

今日は、ゴールドコーストからケアンズに戻ります。ケアンズが地元ではないので「戻る」はおかしいですが、オーストラリアに来たときはケアンズだったので、便宜上「戻る」にしておきます。

ということで、Airbnbのチェックアウトをしたあと、オーシャンパラダイスをひたすら散歩して、ゴールドコースト空港(Gold Coast Airport)に行きました。

 

街はイースターホリデーで多くの店がお休み

ゴールドコーストはイースターホリデーで多くの店がお休み。

現地で知り合った人と昼食をしようと探すもなかなか大変でした。ちなみに僕は一日一食、夜だけ食事をするため、昼食を食べるのは珍しいのです。

昼食をしたあとは、いよいよひとりでゴールドコーストを歩き回ります。目的なく散歩というのは悪くありませんが、なにせ部屋をチェックアウトしたばかりで荷物が多いのが辛いところです(笑)

 

Sweet Fusionのストリートライブ

Sweet Fusion

ゴールドコーストでは多くの人がストリートライブをしています。今日は休日ということもあり、いつもより活気があったのかもしれません。その中でもひと際目を引いたのが、女の子3人組によるグループSweet Fusionでした。

ジェイミソン(JAMIESON)、アイラ(AYLA)、シェイリー(SHAYLEE)の3人のコーラスワークは、同年代の日本では聴くことができないほど、レベルが高くて驚きました。

彼女たちが歌っていると自然と人だかりが増え、みんなチップを次々と投げていきます(もちろん僕も)。スーツを着たアジア系成人男性、ママからもらったお金を入れる小さい女の子、見ていて微笑ましくなる光景です。

今日のライブの様子がInstagramに投稿されていました。

Having so much funnnnnn 💛💖💚#funtimes #girlgroup #singing #sweetfusion #sf 😃🎤💃🏽

Sweet Fusion 💙💗💛さん(@sweetfusion_)がシェアした投稿 –

YouTubeにはアレサ・フランクリンの(Aretha Franklin)「Think」をカバーした動画が投稿されています。

僕もライブを見ながら足を止めて、気がつくと写真をバシャバシャ撮っていました(笑)

こうやって異国のブログに紹介される(影響力は小さいけれど)というのは、本当にスゴい時代になったものだと思います。いつか彼女たちが大きくなったら、「あの頃見ていた」と自慢しましょう(オッサン的思考)