オーストラリアでプリペイドSIMを設定する方法(ケアンズ国際空港編)

プリペイドSIM

海外に行ったとき、スマホやタブレットでインターネットをしことも多いと思います。ホテルやAirbnbなど宿泊先にいるときは良いのですが、外出しているときはインターネットがないと死活問題ですよね。

ということで、今回はオーストラリアでプリペイドSIMを使ったインターネット接続について解説します。

場所は「ケアンズ空港」としていますが、どこでも同じです。ケアンズ国際空港は自分で設定することになったので、これができれば、ゴールドコーストだろうがシドニーだろうがどこだってできるようになります。

 

海外でインターネットを使う

海外でスマホやタブレットを使ったインターネットをする場合、大きく3通りがあります。

  • 国際ローミングを使う
  • Wi-Fiレンタルする
  • プリペイドSIMを使う

「国際ローミング」はたまに聞く「海外でインターネットをしたら高額になってしまった」というアレです。かんたんに言うと、日本とは別のプランが適用されるためオススメできません。

「Wi-Fiレンタル」は数日間程度の滞在ならいちばんオススメです。事前に自宅や空港で受け取り、海外に行けばすぐに使えるようになっています(1日)。レンタル料金は地域にもよって異なりますが、1日あたり1,000円前後で借りられます。

いちばん安くお得に利用するには「プリペイドSIM」がおすすめです。3日以上の滞在だとWi-Fiレンタルより安く使うことができます。ただし、手間は確実に発生するので、「どうしても面倒」という場合はお金を払ってWi-Fiをレンタルするのもひとつの方法です。

 

プリペイドSIMを使うのに必要なもの

プリペイドSIMを使うには、SIMフリーの端末(スマホやタブレット)が必要になります。

SIMフリーとは「ドコモだけでしか使えない」「auだけでしか使えない」といった従来のものではなく、SIMカードを入れ替えれば他通信会社でも使えるというものです。

いわゆる「格安スマホ」を使っている人は、SIMフリー端末になります。

iPhoneの場合は、SIMフリーであるかを確認しましょう。

※2017年4月現在、iPhoneのSIMロック解除は、購入後6ヶ月(180日)以上と決められています。

もし、SIMロック端末をお使いの場合はWi-Fiレンタルなどを検討しましょう。

SIMフリー端末をお使いの方は、ぜひプリペイドSIMを使ったインターネットをオススメします。

 

オーストラリアの通信会社

オーストラリアには大きく3つの通信会社があります。

  • Telstra(テルストラ)
  • Optus(オプタス)
  • Vodafone(ボーダフォン)

それぞれ、日本でいうところのNTTドコモ・au・ソフトバンクになります。

Telstraは、国営でしたが2011年に民営化されました。NTTドコモと似ていますね!

Optusは、オーストラリア第2の通信会社。auと似ています。

Vodafone、日本ではソフトバンクが買収したこともあるのでおなじみです。

この記事ではOptusを中心に進めます(僕がOptusを使っていたため)。

 

オーストラリアで「プリペイドSIM」を使う

それでは、いよいよプリペイドSIMを使いましょう。

プリペイドSIMを使うためには4つの工程が必要になります。

  1. プリペイドSIMを買う
  2. SIMカードを交換する
  3. プリペイドSIMをアクティベートする
  4. APNを設定する

カタカナが出てくると一気に難しく感じますよね。しかし、難しいことは何もありません。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

1. プリペイドSIMを買う

まずはプリペイドSIMを買う必要があります。

プリペイドSIMは空港やスーパーマーケットで取扱いがあります

空港や国によっては空港でプリペイドSIM専用のカウンターが用意されているので、このあとのアクティベートやAPNの設定をすべてやってくれるところもあります(ホント楽です)。

ただし、ケアンズ国際空港は自分で作業をする必要がありました。

ケアンズ国際空港

ケアンズ国際空港の売店です。ここのカウンターで「プリペイドSIM」がほしいことと「滞在日数」を伝えれば、プランにあったプリペイドSIMを販売してくれます。

(僕が行ったときは日本人の店員さんでした)

相手も観光客相手は慣れているので、心配することはありません。

インターネットの情報によるとパスポートが必要になる場合もあるそうですが、このお店の場合は特に必要ありませんでした。どちらにしても設定する時点でパスポートの番号が必要になるので、手元に用意しておきましょう。

 

プリペイドSIMの価格は$10〜$30

プリペイドSIMの価格は滞在日数によって異なりますが、$10〜$30くらいになります。

たまにセールをやっているそうで、僕は$30の28日プランのSIMカードが半額の$15で買えました。

参照:Prepaid Mobile Phone Plans – Optus

 

自分でできない場合はショップに行く方法も

どうしても自分では設定できない場合は、市内のショップに行けばやってくれるとのことでした。

しかし、JQ26便のケアンズ到着は午前5時頃ということもあり、3時間ほど待つ必要があります…。

そういう経緯もあり、インターネットを調べながら自分で設定するのを選んだのです。

 

2. SIMカードを交換する

プリペイドSIMカード買ったら、端末のSIMカードを交換しましょう。

まず、電源を切って、現在のSIMカードを取り出します。

多くはスマホの横部分に取り出し口があります。お使いの機種のSIMがどこにあるか分からない場合は、「機種名 sim  場所」などで検索してみましょう。

ケアンズ国際空港は、無料Wi-Fiがあります「Airport free wifi」を選びましょう。30分に一度接続し直す必要がありますが、インターネットができます。

プリペイドSIM

SIMカードは「STANDARD」「MICRO」「NANO」の3種類があります。

おそらく、現在出回っている機種のほとんどはNANOだと思いますが、一応自分の使っているSIMカードの大きさを確認してみましょう。

自分の使っているSIMカードと同じ大きさに合わせてカットします(手でかんたんにパキッと折れます)。

SIMカードを装着したら、電源を入れます。

 

3. プリペイドSIMをアクティベートする

プリペイドSIMを交換したら、「アクティベート」をします。

アクティベート(activate)とは、プリペイドSIMをその端末(スマホやタブレット)で使えるようにすることです。少し難しくいうと「認証」する作業です。

ということで、プリペイドSIMが使えるように認証作業をしましょう。

プリペイドSIM

Optusアクティベートページに行きます。

基本的には書かれているように進めれば問題ありません。

 

3-1. SIM Numberの入力

SIM番号を入力します。SIM番号が記載されている場所はWebサイトの画像をご参照ください。

 

3-2. 個人情報の入力

個人情報を入力します。住所が難しいと思います。ケアンズ(クイーンズランド州)なので、「QLD」と入力すると、いくつかの候補が表示されるので適当なものを選んでかまいません。

 

3-3. 電話番号の確認

オーストラリアでの電話番号が表示されます。希望のものを選択できるようですが、デフォルトで設定されているものを使いましょう(面倒ですので)。

 

3-4. プランの選択

プランは自分が購入したSIMカードのプランを確認して選択しましょう。

 

3-5. リチャージ

あらかじめチャージされているので設定する必要はありません。

 

3-6. パスポート情報の入力

パスポート情報を入力します。

 

3-7. アクティベート

アクティベート完了です。SMSにアクティベート完了の通知が来ます。

 

4. APNを設定する

アクティベートが完了したら、APNを設定します

また面倒くさそうなのが出てきましたね…。でも一緒に設定すればかんたんにできます。

APN(Access Point Name/エー・ピー・エヌ)とは、どこのサーバに接続するかを設定する手続きです。もうサーバとか難しいことは覚える必要はありません。

ただ、APNの設定だけをしていきましょう。

機種によってはAPNの設定を手動でしなくても、自動で認識してくれるものもあるようです(僕の使っているスマホは自分で設定する必要がありました)。

APN設定をする場所を、iPhoneとAndroidで解説します。

 

iPhoneの場合

設定>一般>ネットワーク>モバイルデータ通信ネットワーク

 

Androidの場合

設定>モバイルネットワーク設定>アクセスポイント名

※機種ごとに異なる場合があります。

 

APNの設定(iPhone・Android共通)

APNの設定にたどり着いたらAPNを設定します。

設定する場所は以下の2箇所です。

  • 名前:optus
  • APN:yesinternet

 

もし、TelstraやVodafoneを使っている方は以下のように設定しましょう。

Telstra

  • 名前:telstra
  • APN:telstra.iph

vodafone

  • 名前:vodafone
  • APN:live.vodafone.com

参考:apn settings Australia – Configuration and Details

 

設定が完了すると、スマホやタブレットでインターネットが使えるようになります。

 

今日のまとめ

僕自身、インターネットを見ながらやってみたのですが、「アクティベートは書いてあるけど、APNについては書いていない」など、情報がまちまちだったので、記事にしてみました。

情報が間違っている、変更しているなどがあれば、お問い合わせからお気軽にご連絡いただければと思います。素敵なオーストラリア生活をお楽しみください。