中国アプリ(百度、微信、微博など)に特化したモバイル環境をiPadで作ってみました

中国アプリ

僕は今年に入ってから海外を見るようになりました。恥ずかしいくらい遅い出発ですが、それでも一歩ずつと思い進んでいます。

そして、先月は中国の香港に行ってきました。香港とマカオは、中国の特別行政区のため、中国でありながら金盾(グレート・ファイアウォール)の対象外になります。

グレート・ファイアウォールについて簡単に説明すると、自国に不利な情報を国民に与えないための検閲システムです。このため、中国ではGoogleをはじめとした世界的なWebサービスの多くが使えません。

そこで、この規制を回避するために、VPNを使うことが多くあります(VPNについての詳細は割愛します)。

しかし、僕はこのように考えました。

「思い切って中国色に染まってみるのも面白そう」

そこで、iPadの1ページをすべて中国アプリにしてみました。

 

中国で使えないサービス

まず、敵を知ることからはじめるため、自分が普段使っていて中国では使えないサービスを洗い出してみました。

  • Google
  • LINE
  • Twitter

意外と少ないですが、Googleには「Google検索」 をはじめ「Gmail」「Googleマップ」「Google翻訳」「Googleドライブ」などさまざまなサービスがあります。

そして、僕はGoogle依存がかなり高い生活をしています。

一方、SNSはそこまで使っていないため、そこまで深刻なダメージはありませんでした。ちなみにFacebookやInstagramも使えません。

 

中国で使える代替サービスを考える

百度(Baidu)

ここまでで何を対策すれば良いかがわかりました。

ただ、闇雲にアプリを入れても仕方ないので、世界ではGoogleが検索のトップシェアがあるように、中国ではどのサービスが普及しているかなどを調べてみました。

百度(Baidu)

中国では、百度(Baidu)が検索エンジンの最大手として知られています。

日本語だと「バイドゥ」ですね。

おなじように「地図」や「翻訳」についても百度サービスを活用しましょう。

各アプリストアで「百度」で検索すれば関連アプリが表示されます。

百度地图

Googleマップの代わりになるのは、百度地图です。

スマホアプリのみのため、タブレットで使う場合は少しだけ画面解像度が荒くなります。

百度翻译(Baidu Translate)

Google翻訳の代わりになるのは、百度翻译(Baidu Translate)です。

外国では翻訳アプリが大活躍します。僕も毎日のように気になった言葉をチェックしています。

微信(WeChat)

LINEの代わりになるのは、微信(WeChat)です。

そもそもLINEは、日本や韓国、台湾など一部の東アジアのみなので、「世界的」というと違和感がありますが(アメリカだと「WhatsApp」ですね)。

微信は、中国のIT企業テンセントが運営するインスタントメッセンジャーアプリです。そう書くと難しく感じますが、LINEのようにメッセージを送ったり、通話ができるアプリと考えれば難しくありません。

微博(Weibo)

Twitter(SNS)の代わりになるのは、微博(Weibo)です。

微博は、中国の企業シナが運営するSNSです。

一時的に中国にいる場合は、SNSのアカウントを作って運用する必要は少ないと思いますが、中国で何かをしたいと考えるならぜひインストールしておきたいところです。

滴滴出行(Didi Chuxing)

中国の配車アプリで人気なのが滴滴出行(Didi Chuxing)です。

Uberは中国でも使えます(2017年現在)。

Airbnbも使えます。

しかし、Uberはかなり苦戦しており、その代わりに人気なのが滴滴出行です。滴滴出行はソフトバンクが出資したことでも知られています。

 

その他のサービスも検討してみる

ここまで中国の代替サービスを紹介してきました。

ほかにも、Gmailなどのメーラーや、Googleドライブなどのオンラインストレージの代わりになるWebサービスがあります。

僕自身、まだまだ中国語に触れはじめたばかりであり、使いこなせていません。

今後、また進捗があり次第、サイト上で公開したいと思います。

こうやって環境をガラリと変えるのも楽しいものですね。