『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』ミスターPBXの変態ぶりが分かるクーロン黒沢作品

デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち

出典:「デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち」再編集版:アマゾンビデオで配信中。プライム会員は無料! « シックスサマナ

僕は寝る前に『シックスサマナ(SIXSAMANA)』を読む習慣があります。発刊当初から読んでいたわけではないので、今もバックナンバーをひとつずつ追いかけているのです。

本書を読むと、とにもかくにも「(いろいろな意味で)スゴい人っているのだな」と改めて思わされます。そして、いかに自分が小さい世界で生きているのかも…。

そんな主宰のクーロン黒沢さんの2011年の映像作品『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』がAmazonプライムで配信されています。

クーロン黒沢さんとは

今さらですがクーロン黒沢さんとは、知る人ぞ知る…!? なんと言えばいいのでしょう。

文章も書くし、こうして映像作品も作るし、元を辿ればマジコンにも携わっていたみたいですし(笑)。「実業家」といえばそうかもしれませんし、先日の東洋経済オンラインの記事でいうと「ノンフィクションライター」あたりが適切でしょうか。

ペンネームはクーロン黒沢(46)。アンダーグラウンドなコンピュータ事情と、東~東南アジアのディープな市井に精通したノンフィクションライターで、近年では2013年5月創刊の電子雑誌『シックスサマナ』の編集長を務める。

悪さ重ねた少年が40代で達した質実な稼ぎ方

記事を読んでもさまざまな事業をされているのが分かります。

「子どもができて安定志向になりましたけど、それでも貯金は難しい。昔、道で年を取った占い師に呼び止められて『アンタ、今月暮らす分のカネには一生困らないよ』って言われたことがあって。がっかりしましたけど、今、なんとなく納得しています(笑)」

クーロン黒沢さんは本当に商才があるように感じます。

もちろん「失敗もたくさんした」と言っていますが、これは誰もが同じでしょう。

クーロン黒沢さんの『シックスサマナ』が東洋経済オンラインに載る時代

2017.08.16

『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』

そんなクーロン黒沢さんが手がける作品のひとつが『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』です。Amazonプライムでも妙な輝きを放っていますね(笑)。

一時の快楽に身をよじりながら、破滅の瀬戸際で道を極める十字架を背負った男たちを、数年間にわたって追い続けた驚異のドキュメンタリー。電話のタダがけに半生を捧げ、数十台のスマホを持ち歩く破産寸前のフリーカー・ミスターPBX。対するは数千ペタのファイルを落とし、数万枚のDVDを焼きまくるうち、気がつけば総白髪になってしまったファイル共有界の浦島太郎。いずれも一騎当千の2大巨頭。人生の崖っぷちに立ちながらも、彼らの目は生き生きと輝いていた!

デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち

「古き良き秋葉原」を懐かしむあたり、「今の秋葉原」には満足しないのだなと思いました。

後半はミスターPBXさんの自宅でしょうか!?

出てくるエピソードひとつひとつが破天荒すぎて…(笑)

ミスターPBX

本作で特に異彩を放つのが「ミスターPBX」と呼ばれる男。ミスターPBXさんは上の引用にもあるように、多くのスマホを持ち歩くというケータイフリークです。

『シックスサマナ』を見る限り、「ミスターPBX」さんと「ハイジアの鷹」さんは同一人物なのかなと思います(違うかもしれませんが)。

驚いたのはミスターPBXさんは、以前高城剛さんの会社で働いていたことがあるということです(作品が作られた当時は、まだ沢尻エリカさんと結婚されていました)。

Twitterの評判をまとめてみました

ということでTwitterの評判をまとめてみました。自分が見ている作品て「他の人はどう思っているのかな?」とたまに気になったりするものです。

今日のまとめ

アマゾンプライムで配信されている『デジタル・スーパースター列伝 闇の世界の超人たち』を紹介しました。クーロン黒沢さんの多才ぶりには本当に驚かされます。クーロン黒沢さんが主催するイベント、ぜひ行ってみたいと思います。