DREAMCATCHER『Prequel』韓国発の女性ロックグループ

Prequel

最近、K-Popを多く聴いています。語弊を怖れずに書くと、J-Popより「品質」が良いですよね。J-Popも良いと思うのですが、ヒットチャートに上がってくるものは「どれもこれも…」という感が否めません。

今回は韓国のグループ、DREAMCATCHERの『Prequel』を紹介します。

DREAMCATCHERのかんたんなプロフィール

DREAMCATCHERは韓国の7人組女性グループです。バンドではないけれど「ロック」という特徴があります。

DREAMCATCHERは、元々Minx(ミンクス)という5人グループで2014年にデビューしました。

その後、2017年に2人が加入し、DREAMCATCHERとして活動を再開しました。

これまでに2枚のEP(ミニアルバム)を発売しています。

  1. Love Shake
  2. Prequel

EP『Prequel』

『Prequel』は、2017年7月に発売されたDREAMCATCHERの2枚目のEPです。

全6曲が収録されています。

うち1曲目が「Intro」、6曲目が「Fly High」のインスト(カラオケ)なので、実質4曲です。

インストが収録されていることから、メインは2曲目の「Fly High」だと思ってよいでしょう。

ちなみにタイトルの「Prequel」とは、「前編」を表す言葉です。

リード曲の「Fly High」

ピアノによるおとなしいイントロと見せかけて…。

歪んだギター、4つ打ちのダンサンブルなキックが印象的なロックナンバーがはじまります。

ブリッジミュートを効かせたギターの刻みなど、ロック好きの人は楽しめるはず。

僕は最近聴いたK-Popのなかでトップクラスで好きな作品でした。

今日のまとめ

ロックなDREAMCATCHERのEP『Prequel』を紹介しました。ロックな雰囲気が好きな方なら、ぜひ一度聴いてみるのをオススメします。日本だとか韓国だとか気にしていたらもったいないですよ〜。