【日経エンタ】Hit Maker of the Year 2016、ロバート秋山『クリエイターズ・ファイル』

141059493_762acc95fb_b

Photo by Thomas Hawk

先日、記事を書いた「日経エンタテインメント!」の「2016ヒット総まくり」。特集には今年一年を振り返り、さまざまなジャンルの”ヒット”について語られます。

そのなかで気になった「Hit Maker of the Year 2016」(ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー)、とりわけロバート秋山さんの『クリエイターズ・ファイル』について見ていきましょう。

 

Hit Maker of the Year 2016

「Hit Maker of the Year 2016」は以下のように定義されます。

  • 2016年に、新しいヒット&ムーブメントを生み出した人を表彰
  • 表舞台の俳優、タレントではなく、作りての業績を精査、称えることで、業界の活性化に寄与

前回の記事でも書きましたが、受賞は以下の方々です。

  • グランプリ:新海誠(『君の名は。』監督)
  • 準グランプリ:野村達雄(『ポケモンGO』ゲームディレクター)
  • パイオニア賞:ロバート秋山(『クリエイターズ・ファイル』企画・制作・出演)
  • ワールド・ワイド賞:MIKIKO(リオ五輪の「五輪旗引き継ぎ式」演出)

新海誠さんなどは、誰が見ても文句ない大ブレイクだった一年でした(もちろん昔から好きだったという方も多いと思います)。

個人的に気になるのが、パイオニア賞を受賞したロバート秋山さんです。

 

『クリエイターズ・ファイル』企画・制作・出演

「Hit Maker of the Year 2016」のパイオニア賞を受賞したロバート秋山さん。

受賞理由は以下の通りです。

各界の”いそうな人物”になりきる天才的な憑依芸で話題沸騰

芸人の新時代の見せ方を示唆する

僕もロバートのコントが大好きでほとんどのライブコントを見ていると思います。その中で際立つのはやっぱり秋山さんの”憑依芸”です。

DVD『ロバート ベストコント作品集1998~2013』を見ながら思い出しても、「地方CMソングライター」での兄弟ソングライター、「プロフェッショナル」でのディレクター、「戦国の里 忍者ショー」でのベテラン芸人、「それいけ! 竜海運先生」の書家などなど。

コントタイトルは忘れてしまいましたが、「シャーク関口ギター教室」もとても好きです。

そんな秋山さん自らが企画・制作し、出演もする『クリエイターズ・ファイル』は”いそうな人物”を演じるという、ロバートのコントの延長線のようなキャラクターを、YouTubeで公開しています。

元々はフリーペーパー『honto+』で連載されていた(地味な)動画だったのですが、『めざましテレビ』で取り上げられてから、一気にブレイクしたのだとか。

僕も『honto+』にあったのは、ジュンク堂で本を買う度に知っていたものの、なぜ突然ブレイクしたのかは分かりませんでした(笑)

現在までに全19シリーズが公開されています(1キャラクターにつき3本の動画があります)。

 

これまでの『クリエイターズ・ファイル』まとめ

これまで『クリエイターズ・ファイル』でロバート秋山さんが演じてきたキャラクターについてまとめました。

  1. 磯貝KENTA(ジェネラルCDクリエイター)
  2. 重松光(テクニカル・サウンド・アレンジャー)
  3. 大垣節子(湯どころ旅館「銀風の塔」グループ CEO)
  4. ギブネ・シン(アース・フォトグラファー)
  5. 横田涼一(メディカル・チーム・ドクター)
  6. YOKO FUCHIGAMI(トータル・ファッション・アドバイザー)
  7. 安来我楽(おもちゃクリエイター)
  8. SHU-ZO(ダンスパフォーマー兼 振付師)
  9. セレス・C・グロース(スローフード・アドバイザー)
  10. 竜斎雲(書道パフォーマー)
  11. 桐乃祐(俳優)
  12. 荒井裕次郎(プロスカウトマン)
  13. 唐沢佐吉(TVプロデューサー)×成安タロウ(構成作家)
  14. 小野幸次郎(インディアンジュエリー・デザイナー)
  15. 揚江美子(ウェディング・プランナー)
  16. パール川辺(トータル・脳ガズム・トレーナー)
  17. 花牟田幸彦(インターナショナル洋酒アドバイザー)
  18. 国松ちえり(シンガーソングライター)
  19. ラルフボーデン&万紀子ボーデン(伝説のバックパッカー)
  20. 上杉みち(天才子役)
  21. 草野伸也(宇宙飛行士)

どれもいるいるですよね(笑)

 

大今良時×濱内シゲノリ【特別編】

特別編として、『聲の形』の著者である大今良時(おおいま・よしとき)さんとの、『不滅のあなたへ』連載開始記念対談もあります。こちらは漫画家の濱内シゲノリさんです。

 

 

ゲーム評論家・久世智宏【特別編】

ゲーム評論家・久世智宏さんとして「誰ガ為のアルケミスト」とのコラボもあります。

スーパーゲームバイザー・「ゲームパーク」編集長として活躍する久世智宏として、現在のスマホゲームブームに対しての意見を述べています。

 

グリコとのコラボCMもある

さらに、グリコとのコラボCMもあります。

グリコとのコラボCMでは、”伝説のアーモンド農園園長”、ジョージ・ヴァンダムさんになっています。

「日経エンタテインメント!」によると、今後も秋山さんの憑依芸を通して、商品なyイベントを知ってもらおうという動きが続くのだとか。秋山さんホントスゴいです。