香港に行ったら買っておきたい「オクトパスカード(OCTOPUS/八達通)

オクトパスカード

海外に行ったときに持っておくと便利なのが、その土地のICカードです。

地域によって普及度合いは異なりますが、交通に買い物にと何かと便利です。

ちなみにフィリピンのbeepカードはあまり使う機会がありませんでした。反対に台湾の悠遊カード(EASYCARD)は、日本のSuicaのような便利さがあります。

香港のオクトパスカード(OCTPUS/八達通)もまた便利です(中国系は現金があまり信用されていないというお国柄もあるのでしょうか)。

 

オクトパスカードは香港国際空港で買える

オクトパスカードは、香港に到着してすぐに香港国際空港で買うことができます。

順番で言うとこんな感じでしょうか。

  1. 入国審査
  2. 両替
  3. プリペイドSIM
  4. オクトパスカード

先日、僕が香港に行ったときは、両替とプリペイドSIMを同時にすることができたので(設定までしてくれたので本当にスムーズです)、ほとんど工数がかかりませんでした。

関連:【6月23日】タイから香港に移動する

現地のお金を手に入れたら、空港内のAirport Express(空港から市街地まで行く電車)インフォメーションで購入することができます。

Airport Expressもオクトパスカードで乗ることができるので、香港では1回も切符を手にすることがありませんでした。

 

購入するのは「Adult」

心配する必要はありませんが(大人がカウンターにいけば自動で手配してくれますが)、購入するのは「Adult」カードになります(上の画像のものです)。

購入金額は150香港ドル(約2,250円)。内訳は以下の通りです。

  • デポジット:50香港ドル(約750円)
  • 初回チャージ分:100香港ドル(約1,500円)
  • 手数料:0香港ドル

50香港ドルはデポジットに相当するので、カードを返却すれば返ってきます。

 

コンビニエンスストアやファストフード店でも使えます

多くのICカードと同じように、オクトパスカードもコンビニやファストフード店で使えます。

僕が見た限り、セブンイレブンを使っている人のほとんどがオクトパスカードで精算していました。僕はクレジットカードを使っていましたが、若干迷惑そうだったので改めます…。

現金決済は論外ですが、やはりピッとタッチするだけで精算せきるのは便利ですよね。

 

今日のまとめ

香港に行ったら買っておきたいオクトパスカードを紹介しました。オクトパスカードは買うのもかんたん、使い勝手も良い、ICカードです。香港に行ったときはぜひ活用してみましょう。