堀江貴文『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』飲食業以外の人にも役立つ一冊

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

2017年7月現在、NewsPicksで取り上げられることが多いグルメサービスはRettyです。競合サービスには、食べログ、ぐるなび、ホットペッパーがあげられます。

そして、知名度はまだまだですがホリエモンこと堀江貴文さんが作った「TERIYAKI」もあります。個人的に伸びてほしいサービスです。

ということで、今回は人一倍グルメにこだわる堀江貴文さんの著作『なんでお店が儲からないのかを僕が解決する』を紹介します。

 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

本書は6つのチャプターで構成されています。

  1. 僕はなぜおいしいものを食べたいのか
  2. 「食べログ」「ドタキャン」「人材確保」を解決する
  3. レストランビジネスで成功するために覚えておいてほしいこと
  4. 「いい客」になるために
  5. ホリエモンが解決する!レストラン経営の悩み相談室
  6. ホリエモンの”食”遍歴

 

「食べログ」「ドタキャン」「人材確保」を解決する

このチャプターでは、レストラン経営をする人の多くが悩むという「食べログ」「ドタキャン」「人材確保」について書かれています。

「食べログ問題」はたまにニュースになりますよね「サクラがどうだ」とか「ちょっと何かあるだけで低評価を付けられる」とか。最近でこそ「食べログ」 レビューを参考にする人は多くないと思いますが…。

「番外編」では「クレジットカード不可……あり得ない!」があります(笑)。まさにその通りだと思います。こればっかりは本当に対応してもらいたいです。

 

レストランビジネスで成功するために覚えておいてほしいこと

レストランビジネスをやっている人、考えている人はぜひ読んでおきたいチャプターです。それだけでなく「パクり、パクられ、文化は進化する」など他の業界においても共通することが書かれているので、「自分の仕事」をしている人ならきっと役に立つでしょう。

大切なのは、ただ「パクる」のではなく、インスパイアを受けて新しいものを生むこと、敬意を払って一歩先に進めることだ。

この「パクる」というのは、堀江貴文さんのメルマガでもよく言われていますね。

 

ホリエモンが解決する!レストラン経営の悩み相談室

おそらくですが、堀江貴文さんのメールマガジンのQ&Aコーナーから、飲食ビジネスに関係するものを抜粋したものだと思います(違うかもですが)。こういうまとめ方は読みやすいですよね。

僕も堀江貴文さんのメールマガジンを読んでいるのですが、なかでもこの「Q&A」のコーナーは大好きです。「こういう風に考える人がいるんだな」とも思いますし、「バッサリ切る」様子も面白いし(笑)。

「オリジナルを目指したい」という質問には、「どんどん実際にやってみたらいい」という回答をするなど、レストラン経営以外でも参考になる意見が多くあります。

 

今日のまとめ

堀江貴文さんの著作はどれも「自分で何かをはじめたい人」にぴったりです。僕自身会社勤めをしていないので、「何かをはじめたい人」の気持ちはとてもよく分かります。大切なのは本を読んで「へぇ」と終わるのではなく、「よし」とその日のうちに行動に移すこと。これに尽きると思います。