iClever Bluetoothキーボード「 IC-BK06」、iLepoじゃなくても十分イケる!

 IC-BK06

iPadやAndroidタブレットを買ったら用意したいもののひとつがBluetoothキーボードです。単に電子書籍を読んだり、ネットで調べ物をする程度ならスクリーン上のソフトウェアキーボードでも良さそうですが、長文を書いたりするときは、外部キーボードがあると作業効率が一気に上がります。

ということでiCleverの「IC-BK06」を試してみました。

 

IC-BK06

 IC-BK06

iClever「IC-BK06」は二つ折りになっています。

 

 IC-BK06

サイズ感を比較すると、いちばん上に乗っているのがHTCの5インチスマホ(Disire 626)です。そして、真ん中がiClever「IC-BK06」、下がiPad mini4(7.9インチ)です。半分に折るとタブレットをより小さいサイズです。

スーツのジャケット(上着)のポケットに入れても違和感がありません。僕はこれにタブレットを手でぶらぶら持って歩いています。

 

 

 IC-BK06

キーボードの左側です。Bluetoothのペアリングもかんたんで、「Fn」キーと「Bluetooth」キー(「T」)を押すと、ペアリングできます。もちろん使う端末(スマホやタブレット)のBluetoothもオンにしておきましょう。

一度ペアリングしてしまえば、あとはパカっとキーボードを開けば自動的に電源がオンになり接続します。反対にキーボードを閉じれば電源がオフになります。余計なことに気を使わなくて良いのがうれしいです。

iOS, Android, Winに対応しています。特に設定をすることなく使えます。「Capslock」を押すと「日本語」「英語」でキーボードが切り替わります(ほかにショートカットがあるかもですが)。

 

 IC-BK06

キーボードの右側です。Macのキーボードと比べるとEnterキーが小さいのが気になります(もっとも最近の純正も小さいですが)。また、Deleteキーがいちばん右上についています。慣れの問題ですが、Enterキーの上にDeleteキーがあるような気がしてしまいます(慣れてしまえば問題ありません)。

 

 IC-BK06

キーの深さはこんな感じです。きちんと押している感じは十分にします。もちろんApple純正のキーボードと比べたら打鍵の感触はことなりますが、あちらは1万円以上してかつ折りたためない、こちらは数千円で折りたためて身軽ということを考えれば、十分に使えると思います。

 

 IC-BK06

取扱説明書です。英語と日本語で表記されています。

 

 IC-BK06

日本語でも説明されているので、万一ペアリングに困っても大丈夫です。僕は英語でしか書かれていないと思い、必死に読んでいました(汗)。

もうひとつ、画像に載せていませんが、充電用のUSB-microUSBケーブルが付属します。

 

「iLepo365 Flyshark2」じゃなくても十分使えます

Bluetoothキーボードを探している人のなかには、「iLepo365 Flyshark2」を探している方も多いと思います。分かります。あの高城剛さんが『LIFE PACKING2.1』の中でおすすめしているとあれば、気になるところですよね。僕もそうでした(笑)。

しかし、見つからない、日本のAmazonでは高く、海外から取り寄せるほどの気力もない(そこまでして手に入れたいかと言われるとそれほどでもない)ということで、僕はiCleverのBlutoothキーボードを選びました。

使ってみての感想はiLepoがどの程度かは分かりませんが、十分に使えるという印象を持っています。モバイル用の安いキーボードなので、試しながら「ダメになったら買い替えれば良いや」くらいの気持ちで使っています。

数年前、MacBook Airを持っていたのがスタイリッシュ(一部では揶揄される)とされていたものが、「まだノートパソコンを持ち歩いている」という時代はすぐそこまで来ているようです。

タブレットにキーボード、おすすめです。