カリッド(Khalid)『American Teen』18歳のR&Bシンガーのデビューアルバム

American Teen

デビューしたばかりの海外アーティストで判断に困るもののひとつが「読み方」ではないでしょうか。それは、「アーティスト名+読み方」という検索が多いことからも分かります。

アーティストの読み方が分からないというのは日本も同じかもしれませんが…(懐かしいところだと「L’Arc~en~Ciel(ラルク・アン・シエル)」などがありましたよね)。

さて、今回のアーティストもまた、ちょっと読み方に困りました(けっこう調べました)。それではカリッド(Khalid)のデビューアルバム『American Teen』です。

 

Khalid

Khalidは1998年生まれのアメリカのR&Bアーティストです。

読み方はおそらくカリッド(Google検索するとこう表記されます)。

一方、海外Wikipediaを翻訳すると「ハリド」になっているんですよね。このあたりは「What(ワット/ホワット)」に近いのかもしれません。

細かい発音なのでどちらでも良いのでしょう。

※日本語公式サイトができて表記が決まったら追記します。

2016年にシングル「Location」でデビュー。

2017年3月、1stアルバム『American Teen』を発売しました。

 

『American Teen』

『American Teen』は、全15曲が収録されています。

そのうち3曲目がシングル曲の「Location」です。

ちなみに『American Teen』は、YouTubeチャンネル「KhalidVEVO」で15曲中8曲が公開されているので、チェックしてみるのも良いでしょう(僕はApple Musicです)。

 

Location

冒頭からシンプルな音が並びます。この音が分からなかったのですが、ミュートしたギターでしょうか。音の並びから弦をつま弾いているのは想像つくのですが。