【7日目】マレーシアの記録 – パスポートを紛失する…

KL Sentral Station

今日はクアラルンプール国際空港から、マニラのニノイ・アキノ国際空港に行く日です。

6時に起きて、最寄り駅までUberで行って、電子マネーを買って、KLIA  ekspressでクアラルンプール国際空港まで行く予定でした。

しかし、現実は、8時に起きて、空港までUberで行って、チェックイン時にパスポートを紛失したことが分かりました。

結果的に手持ちのエコバッグの中敷きの中で見つけたのですが、日本大使館に行く直前までになったため、近いうちにそのやりとりを書き留めたいと思います。

さて、結局パスポートを見つけたものの、フライト時間は過ぎていたため、当日券を買うことにしました。当日券は高いですが、いろいろなプランを考えると、当日券を買ってマニラに行った方が安いという考えに至りました。

 

警察に行く

手荷物を探してもない、Airbnbで泊まった場所に問い合わせてもない、ということで、クアラルンプール国際空港の警察に行くことにしました。

警察では、パスポートをなくしたこと、いつ、どこで失くした(と思う)か、パスポート番号などを伝え、紛失照明のレポートを作成してもらいました。

「このレポートを持って日本大使館に行きなさい」と、場所や電話番号を教えてくれる婦警さん。こういうときの人の優しさは身にしみます。

 

パスポートが見つかる

さて、結局パスポートは見つかりました。

エコバッグの中敷きの下に挟まっていたのです。

怒っても仕方ありません(怒りの矛先は自分にしかいきません)。

とりあえず、マニラに行こうと当日券の手配をしました(スカイスキャナーを使いました)。

 

Touch’n Goカードを買いにKL Sentral Stationに行く

KL Sentral Station

当日の飛行機のチケットは18時30分出発ということで、6時間ほど時間ができました。

そこで、寝坊して買えなかったマレーシアの交通系ICカードTouch’n Goを買いに、KL Sentral Station(KL セントラル・ステーション)に行くことにしました。

 

KLIA ekspress

KL Sentral Stationはクアラルンプール国際空港からKLIA  ekspress(特急電車)で直結しています。

KL Sentral Stationのチケット販売カウンターで往復チケット(RM100)を購入し、Aターミナルへ(BターミナルはKLIA Transit/普通電車)。

 

Touch’n Goが買える「Touch’n Go Hub」(NU Sentral 2F)

NU Sentral

Touch’n Goカードが買えるのは、KL Sentral Stationの駅ビルNU Sentralの2階の「Touch’n Go Hub」です。

駅からNU Sentralに入ったフロアはCCなので、2回エスカレーターを上ります。

※CCが何の略かわかりませんが、GF(グランド・フロア)のひとつ上の階に位置します。

 

Touch’n Go Hub

入り口で用件ごとのボタンを押すと待ち番号札をもらえます(ちょうど携帯電話ショップみたいな感じです)。

番号が呼ばれたら、カウンターで「Touch’n Goカードがほしい」ことを伝えましょう。

発行にRM10かかります。

同時にチャージもできるのでお願いするとよいでしょう。

お店の入口にはセルフでチャージできる端末も置かれていました。

 

クアラルンプール国際空港へ戻る

クアラルンプール国際空港

すべての予定を終えると14時くらいでした。

まだ時間がありましたが、充電しながら仕事をしたかったのでクアラルンプール国際空港に戻ることにしました。

僕が乗った飛行機は以下のものです。

  • 航空会社:セブパシフィック
  • 便名:5J 500便
  • 出発:18時30分
  • 到着:22時20分
  • 搭乗時間:約3時50分

クアラルンプールとマニラに時差はありません。

LCCのお約束というのか、飛行機が遅れていました。

結局、出発は約1時間遅れた19時30分、マニラに到着したのは23時30分頃でした。

そこから入国審査(ダッシュで行ったら2分くらいしか待ちませんでした!)、プリペイドSIMの契約(前回買ったものを持っていけばよかった)をして、Uberで自宅へ。

すっかり午前1時を回っていました。