ペンタトニックス(Pentatonix)『A Pentatonix Christmas』クリスマスアルバム2作がランクイン

A Pentatonix Christmas

アメリカのアカペラグループ、ペンタトニックス(Pentatonix)のクリスマスアルバム『A Pentatonix Christmas』(2016年)と『That’s Christmas To Me』(2014年)が、ビルボード・チャートに2作同時にランクインしました

正確には、この記事が投稿される頃は新しいランキングが更新されているのですが…そうなのです。当サイトはあらかじめ記事を執筆して、「予約投稿」する方法をとっているため、若干のタイムラグがあるんですよね(汗)

と余談をはさんだところで、ペンタトニックスの最新クリスマスアルバム『A Pentatonix Christmas』について見ていきましょう。

 

ペンタトニックス

ペンタトニックスはアメリカ出身の5人組アカペラグループです。

アカペラとは、ギターやピアノといった伴奏なしで歌う作品をさします。つまり出ている音はすべてメンバーから発せられている音です。人がリズムを口ずさむことから「ヒューマンビートボックス」などとも言われます。

 

これまでに発売されたアルバム

ペンタトニックスがこれまでに発売したアルバムをまとめてみます。

  1. PTX Volume 1(2012年)
  2. PTXmas(2012年)
  3. PTX Volume 2(2013年)
  4. PTX Volume 3(2014年)
  5. That’s Christmas To Me(2014年)
  6. PENTATONIX(2015年)
  7. A Pentatonix Christmas(2016年)←New

オリジナルアルバムは1, 3, 4, 6の4枚発売されています。

クリスマスアルバム(「ホリデーアルバム」ともいう)は3枚発売されています。ただし、『PTXmas』は2013年に、『That’s Christmas To Me』は2015年にもデラックス盤として再発売されています。

つまり、クリスマスアルバムも何かしらの形を変えて毎年発売されていることになります。

 

『A Pentatonix Christmas』収録曲

2016年に発売されたペンタトニックスのクリスマスアルバム『A Pentatonix Christmas』には、シングル曲「Hallelujah」をはじめとした全11曲が収録されています。

 

Hallelujah

カナダのシンガー・ソングライター、レナード・コーエン(1934-2016)の「ハレルヤ(Hallelujah)」を、ペンタトニックスがカバーしました。ダフト・パンクなどのデジタル感ある曲も素敵ですが、しっとりした作品も素敵ですね。

 

2009年にYouTubeにアップロードされた「ハレルヤ」のライブ動画。高齢になったレナード・コーエンの歌声が渋いです。

レナード・コーエンは2016年11月に亡くなりました。

 

「ハレルヤ」のオーディオ版。原曲は1984年に発売されたレナード・コーエンのアルバム『Various Positions(哀しみのダンス)』に収録されています。

 

PentatonixのYouTube再生リスト

ペンタトニックスのシングル曲をまとめたYouTube再生リストを作りました。これまでに発売された全作品がYouTubeに公開されているので、彼らの軌跡を知るためにご活用ください。

僕は「GANGNAM STYLE」聴いて、あまりのスゴさに腰抜かしました(笑)

 

『A Pentatonix Christmas』の国内盤と輸入盤の違い

デジタル全盛の時代にCDを買う方は少ないと思いますが、一応国内版と輸入盤の違いをまとめます。

本作は国内盤と輸入盤で収録曲に違いはありません(特にボーナス・トラックもありません)。

国内盤は「初回仕様のみ、ステッカー封入」とあるので、ステッカーがほしい方は国内盤を選ぶのをおすすめします。特にこだわりがない方は、国内盤の約半額で輸入盤が買えるので、輸入盤をおすすめします。