【フィリピン】マニラの交通系ICカード「beep」を買ってみました

beep

旅行先で電子マネーを購入するのが好きです。とにかく現金決済が面倒だと思う自分にとって、クレジット決済、電子マネー決済は欠かせません。国によって普及度合いが異なるのも興味深い点です。

結果から言うとマニラ(フィリピン)のbeepカードはそんなに普及している感じではありませんでしたが、今後どれだけ普及するのか楽しみにしています。

参考:beep™公式サイト(英語です)

 

beepカードを購入したアヤラ・センター・ステーション(Ayala Center Station)

アヤラ・センター・ステーション

beepカードはアヤラ・センター・ステーション(Ayala Center Station)で購入しました。

場所はこのあたり。僕はセブ島に行く飛行機に乗るまでの待ち時間、アヤラにいました。

 

アヤラ・ステーション

駅の中は「停電(節電)しているの?」と思ってしまうほど薄暗かったです…。

関連記事:【5日目】フィリピンの記録 – Manila Ocean Park、そしてセブ島へ

ここのインフォメーションで「beep」カードを購入することができます。

そして、画像向かって左側(改札の左側)あたりにチャージ機があるので、そこでチャージしました。

beepについては分からないことだらけだったため、アヤラ・センター・ステーションで調べながらやっていきました。そのときにとても参考になったのが「アジアトラベルノート」さんです。

参考:マニラの交通系ICカード、beep card(ビープカード)を使ってみた | アジアトラベルノート

人が並んでいるチャージ機や改札でサッと撮影できるのも、地味にスゴいと思っていたりします(挑戦したいです)。

 

beepが使える場所

beepカードは、将来的にいろいろな場所で使えるようにするのが目標のようです。

しかし、現時点では日本の電子マネーのように使えるわけではありません。

たとえば、アヤラ・センター・ステーション近くのファミリーマートでは使えましたが、マニラ市内のセブンイレブンにはbeepの表記はありませんでした(見落としているだけかもしれませんが)。

一応、決済方法は入店時に見るクセがあるので、おそらく使えないのでしょう。5月にもう一度マニラに行く予定なので、調べてみたいと思います。

beep™公式サイト