ポスト・マローン(Post Malone)『Stoney』落ち着いたヒップホップサウンドが心地よい

Stoney

「どんな音楽聴きますか?」

これってけっこう返答に困る質問じゃないでしょうか。たとえば僕は現在の見た目から「電子音楽」や「クラシック」が合うと言われます。「ロック」は似合わないようです。

反対に「クラブミュージック」と言うと、「えっ!?」みたいな反応をされてしまいます(テクノだってクラブミュージックだと思うけれど)。

おなじくクラブミュージックの代表ジャンルのひとつヒップホップもまた然り。今回はそんなヒップホップのアルバムから、ポスト・マローン(Post Malone)の『Stoney』を学んでいきましょう。

 

ポスト・マローン(Post Malone)

ポスト・マローンは1995年生まれ、アメリカのラッパーです。

2015年にシングル「White Iverson」でデビュー。

2016年に発売した1stアルバム『Stoney』が、アメリカのビルボードRap Albumsチャートで1位を記録しました。

 

『Stoney』に収録されるシングル5曲

『Stoney』には5曲のシングル曲が収録されています。

  1. White Lverson
  2. Too Young
  3. Go Flex
  4. Deja Vu(動画なし)
  5. Congratulations

以下、シングルが発売された順番に紹介します。

 

White Iverson

6曲目に収録されている「White Iverson」。タイトル「White Iverson(ホワイト・アイバーソン)」とは、NBAバスケットボール選手のAllen Iverson(アレン・アイバーソン)について歌っているとあります。

詳しくはGENIUSをご参照ください。

 

Too Young

11曲目に収録されている「Too Young」。ゴリゴリのヒップホップではなく、こんなメロウなトラックもカッコ良いですよね。元々、ポスト・マーロンはギターから音楽に興味を持ったとあるので(Wikipediaより)、そのあたりも関係しているのかもしれません。

 

Go Flex

9曲目にランクインしているのは「Go Flex」。冒頭は本人の演奏によるギターの音色を聴くことができます。このようにジャンルを横断するというのは、個人的にとても興味深いです。

 

Deja Vu

動画なし

 

Congratulations

12曲目に収録されている「Congratulations」。ラッパーのクエヴォ(Quavo)との共作になります。この曲もそうですが、落ち着いた雰囲気がとても素敵です。

 

Post MaloneのYouTube再生リスト

Post MaloneのYouTube再生リストを作りました。デビュー曲から最新曲までを時系列でまとめています。