台湾は「春節(旧正月)」でも十分に楽しめる

台湾

旅行をするときに意識することのひとつが「祝祭日」です。

日本にとってなんてことない日でも、その国にとっては大切な日であることは多くあります。たとえば、中国や台湾などの東アジアには「旧正月」というものがあります。

そして、旅行するときは「春節(旧正月)を避ける」と書かれています。

結果から書くと、春節でも十分に楽しめました。

ということで、台湾で春節を過ごしたときの様子をまとめたいと思います。

 

春節(旧正月)

春節は旧暦の正月です。

春節は毎年変わるため、確認する必要があります。

参考:台湾の祝日・休日カレンダー

 

春節(旧正月)になるとどうなる?

まずは、『地球の歩き方 台湾』を見てみましょう。

1、2月の春節(旧正月のこと。これは年によって違う。2017年は1月28日〜1月30日)時は現地の人も大移動するので、交通機関や宿泊施設などが混雑する。

レストランや銀行なども春節の期間は休業することが多いので、利用できるのはホテル内のレストラン、両替所、町ではコンビニエンスストアくらいという覚悟が必要だ。

台湾のホテルは春節が最も高い。独特の雰囲気を味わえるのは確かだが、どうしても行きたいレストランや見どころがある場合は、この時期は避けたほうが無難だろう。

地球の歩き方 台湾 – 354ページ

日本では12月はどこかバタバタしています。1月1日〜3日くらいまではいつもとは違う雰囲気がありますよね。

また、大晦日の12月31日もお店が早く閉まったりと普段とは違うことが多くあります。

これと同じだと考えて間違いありません。

 

除夕

僕が台湾にいたうち、1月27日は除夕(春節の前日=大晦日)で、街はどこかバタバタしているように感じました。

商店は早く閉まり、台湾と言えばの夜市もほとんどやっていませんでした。

日本と同じでコンビニエンスストアは通常通り営業しています。

参考:【8日目】台湾の記録 – 除夕のため街は静かな一日でした

 

春節

ほとんど家にいたのですが、街はほとんどのお店がやっていなかったように感じます。

どこの家も、親戚を呼ぶ、飾りを付けるなどして盛大にお祝いをしていました。

同じくコンビニエンスストアは通常通り営業していました。

参考:【9日目】台湾の記録 – 春節

 

春節2日目

2日目はスーパーマーケットも営業していました(ひょっとすると春節もやっていたかもしれません)。

コンビニエンスストアは通常通り営業しています。

繁華街に行くと、安利美特台北總店(アニメイト)は営業していました。

しかし、高級ブランドショップなどはまだ閉店でした。

参考:【10日目】台湾の記録 – 春節でもアニメイトは元気に営業中

 

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは日本と同じく24時間フルで営業しています。

日本と同じ「セブンイレブン」「全家(ファミリーマート)」があるので、買い物には困らないでしょう。

 

スーパーマーケット

春節2日目から営業しているのを確認しました。

春節当日は営業しているかは分かりません(営業時間外に行ってしまったため…)

 

百貨店・量販店

百貨店・量販店は除夕までは営業しています(短縮営業の可能性あり)。

春節はお休みだと思います(未確認)。

2日目からは営業していました。

家電量販店は2日目も閉店していました(ターゲットが地元のため!?)。

 

レストラン

食事をするレストランについては、お店によって営業方針が異なるようです。

「春節=稼ぎ時」というスタンスのお店は営業しています。特に観光客を相手にするお店は、この時期も営業しているような印象を受けました。

反対にローカルなお店は、この時期は閉店しているように感じました。

 

夜市

台湾のおいしい食べ物を手軽に楽しめる夜市は、除夕、春節はやっていませんでした。

2日目からはやっていました。

ただ、これも場所によってさまざまで、お店を出している人もいれば休んでいる人もいるようです。

 

電車・バス・タクシー

交通機関もきちんと運行しています。

ただし、バスは本数が少なかったように感じます。

また、タクシーは「春節」料金という設定がありました。台湾はUberが規制されてしまいましたが、早くCtoCのシェアカーサービスが出てほしいですね。ぼったくりタクシーが多すぎる気がします。

 

台湾の春節をどう過ごすか

台湾の春節だからといって避ける必要はないと思っています。

もちろん「2泊3日ですぐに帰る必要がある」「観光地に行きたい」という王道コースを楽しみたい人は、みんなと同じ季節に行くのをオススメします。

けれど、1週間以上だったり「現地で生活をしたい」という人は、ぜひ春節にかかわらず行ってみるのをオススメします。

ただし、春節の当日だけは家でゆっくり過ごすのが良いでしょう。

僕は現地のコンビニやスーパーマーケットで買い込んだ食料を片手に、部屋で仕事をするのが大好きです(笑)

そういうことを言うと、「なんで海外に行くの?」なんて言われてしまいます。

楽しみ方は人それぞれです。枠にハマる必要はありません。自分の好きなように楽しみましょう!