高城剛『世界はすでに破綻しているのか?』過去から未来を知る生き方

世界はすでに破綻しているのか?

国家は破綻する。

もしくは、それに近い状態に陥り、社会が大きく揺らぐ。

僕たちにとって「国家が破綻する」というのは、正直なところいまいち実感がわきません。

しかし、本書を読むと「本当に破綻するんだ」という感覚が分かります。と同時に「日本の不安定さ」も感じるようになります(こちらは現時点で感じている人も多いはずです)。

ということで、今回は世界を見て回る高城剛さんの『世界はすでに破綻しているのか?』を紹介します。

 

世界はすでに破綻しているのか?

『世界はすでに破綻しているのか?』は、全3章で構成されています。

  1. 国家財政破綻、人はどう生き延びたのか?
  2. ユーロ圏危機に学ぶ「生き延びるヒント」
  3. デトロイトに見る、アメリカの未来

また、「はじめに」では、本書を書くに至った経緯が描かれます。

「景気がいいときこそ、おとなしくしていたほうが賢い」

リーマン・ショック以降のイギリスの様相は、学生時代に肌で感じたことを再確認させてくれた。

「景気がいいときにおとなしくする」とは、なかなかしようと思ってもできない人が多いですよね。高城剛さん自身、一時期は派手な生活を送っていたことを認めていますが、現在は「オーガニックな生き方」を学んだとあります。

もっとも相対的に派手ではないというだけであって、世間一般の方(もちろん僕を含めて)から見れば、世界中を動き回っているのは、十分に派手にも見えます(笑)

それでは、各章について気になる内容を見ていきたいと思います。

 

国家財政破綻、人はどう生き延びたのか?

第1章「国家財政破綻、人はどう生き延びたのか?」では3つの視点からに書かれてます。

  • ソヴィエト連邦崩壊
  • アジア通貨危機と韓国
  • アルゼンチン

海外に目を向けるビジネスパーソンにとって、タイは注目されます。そんなタイも、アジア通貨危機の標的のひとつになったことが分かります。

香港返還のお祭りムードも覚めやらぬ翌7月2日、東南アジアの新興国タイを最初の悪夢が襲った。タイの通貨バーツの暴落である。このバーツ暴落の余波は、マレーシアやインドネシア、韓国、フィリピンなどへも次々へと伝播し、アジア経済に大きく深刻な打撃を与える事態となる。いわゆる「アジア通貨危機」である。

なぜ、起きたのか。どうなったのか。それらがとても分かりやすく書かれています。高城剛さんの文章って読みやすく、また物語のように引き込まれます。

 

ユーロ圏危機に学ぶ「生き延びるヒント」

第2章「ユーロ圏危機に学ぶ「生き延びるヒント」」では、前章と同じく3つの視点からに書かれてます。

  • スペイン危機
  • ギリシャ危機
  • キプロスの国家財政破綻

ユーロ圏の財政問題は、外国の経済ではしばしば目にしますよね。その度にユーロ相場が大きく動くのが分かります(笑)。

キプロスは、オフショア(格安の法人税)であることから、特にお金関連に関心がある人はよく知る場所ですが、一般的な知名度は高くありません。場所は地図で示したところ(地中海)にあります。

これだけ破綻があってもこんな言葉がインタビュー内にありました。

でも、フクシマよりマシさ。ここは気候もよく、生きていくには十分な環境がまだあるから

世界から見る日本を知ることになります。たしかに外国人が多く使うスーパーマーケット(日進ワールドデリカテッセンなど)は、「フクシマ」って書いてありますからね…。

 

デトロイトに見る、アメリカの未来

そして、第3章「デトロイトに見る、アメリカの未来」では、世界経済の中心であるアメリカについて語られます。

2013年、デトロイトが破綻しました。

この破綻をチャンスだと捉える者もいるという。すなわち「破綻によって儲けよう」とする者である。

そのひとつとして、格安になった「街の資産」を狙うベンチャーキャピタルがあげられています。

 

今日のまとめ

高城剛さんの『世界はすでに破綻しているのか?』を紹介しました。個人的には第1章のふたつめ「アジア通貨危機と韓国」がもっとも興味深かったです。これからも世界は必ず大きく動くはずです。そのときにどう動くか、過去を知ることが大切なのだと思います。