青野春秋『100万円の女たち』後半に向かってサイコになる雰囲気がたまらない

100万円の女たち

僕の書く小説の中では誰も死なない。

理由は簡単だ…

なぜなら…

僕の父親が人殺しだからだ。

衝撃的な冒頭文で一気に引き込まれる青野春秋さんの著作『100万円の女たち』(全4巻)。

シェアハウスを舞台に奇妙なミステリーが繰り広げられます。

それもそのはず、主人公の道間 慎(みちま しん)は売れない小説家で、本作の舞台となるシェアハウスの家主です。彼は5人の女(恋人でも愛人でもない)と同居をしています。

女は彼に毎月100万円を支払い、彼が女たちの世話をするというなんとも不思議な設定です。それぞれのキャラクターは読んでいるうちに自然と頭に入ってくるので問題ありません。

100万円の女

出典:作品詳細『100万円の女たち』

 

ルール1:女たちには質問をしない

女たちには質問をしないのがこの家のルールです。さっきから「女」と書いていますが、本作品の流れで書いているだけで、「女性」と書くのがキレイかもしれません(汗)

たしかに毎月100万円を家主(主人公)に支払うという時点で、だいぶ浮世離れしているのは間違いないです。

「宝くじで10億円当選した」とか「超高級コールガール倶楽部の社長」とか「世界的大女優」とかとか、誰がどれかはともかく、みんなが秘密を抱えて生活しています。

 

ルール2:夕食は6人全員でそろって食べる

19時頃に道間(主人公の男)が夕食を作り、6人全員で食べるのもルールのひとつです。

そんな日常が続く中で少しずつみんなの素性が分かっていきます…。

個人的には、主人公と白川美波さんのやりとり(エピソード)が好きです。

 

主人公も含めて次第に明かされる過去

毎月100万円ものお金を用意する女たちはもちろん、主人公についてもいまいち分からないという点も面白かったりします。ちなみに主人公の道間は、小説を書くときはいつもエンピツで原稿用紙に書く。携帯電話も持っていないという、ハマる人はハマる属性を持っています(笑)

上のキャラクター紹介は単行本の3巻目から掲載されます。2巻目までは物語の軸が進んでいないため(ネタバレ防止のため)、キャラクター紹介はありません。

 

青野春秋のプロフィール

『100万円の女たち』の原作者は青野春秋(あおの・しゅんじゅう)さんです。どこかで名前を見たことがあったと思ったら、『俺はまだ本気出してないだけ』(全3巻)の作者さんですね。

僕は絵は疎いのですが、だいぶ絵の雰囲気が変わったような気がします(気がします)。あっちがオッサンで、こっちが女というのもあるかもしれませんが(こっちも主人公は31歳です/汗)。

青野春秋さんのTwitterはこちら

 

Twitterで感想を探してみました

ということで、『100万円の女たち』の感想をTwitterで探してみました。

エンディング後のエピローグが分からないという意見が多いように感じました。たしかに理解するまでにちょっとかかったような…(汗)。全体的にはサイコな雰囲気が最高という意見が多くあります。僕も2016年に読んだマンガの中でオススメ作品になりました。