シンガポール・チャンギ国際空港でApple SIMを使う方法

iPad ProとApple SIMを使ったインターネット接続。

今回はシンガポール・チャンギ国際空港でのインターネット接続について説明します。

チャンギ国際空港はインターネット完備、ただしSMS認証が必要

シンガポールのチャンギ国際空港は「世界一快適な空港」と言われるほど、さまざまなサービスが充実しています。インターネットも完備しています。

ただし、SMS認証が必要のため、あまりいないと思いますがiPadだけ持ち歩いてスマホは持っていないという方は注意が必要です(僕がこのパターンでした)。

流れを書くと、

  1. SSID(アクセスポイント)を選ぶ
  2. 電話番号を入力
  3. SMSが送られてくる
  4. 認証

こんな感じですが、iPadだけしか持っていないと、SMSを受信できないので、詰んでしまいます。

Apple SIMを使ったインターネット接続には、申し込みのためのインターネット接続が必要なので、国に到着したときは空港のインターネットが必要になるのです。

そのため、シンガポールに行くときはスマホを持っていきましょう。

僕は空港内でかろうじて見つけた微弱な無料インターネット(どこのだったんだろう)を頼りにApple SIMの契約をしました。

もし、どうしてもできない場合は、空港の至るところにある旅行客用のプリペイドSIMを買って、インターネットに接続しましょう。セッティングも基本的に店員さんがやってくれます。

Apple SIMを使ったインターネット接続の流れ

Apple SIMを使ったインターネット接続は、各国共通しているので、ここではかんたんに流れを説明します(詳細は関連記事を参照してください)。

  1. 空港のインターネットに接続する
  2. モバイルデータ通信を「ON」にする
  3. 「新規プランを追加」する
  4. プロバイダを選択する(「AlwaysOnline」「GigSky」お好きな方をどうぞ)
  5. プランを選択する
  6. 注文する
  7. 完了

無事にApple SIMの契約ができると「アクティベート中…」という文字が出て、1分ほどすると「アクティベートが完了しました」のメッセージが表示されます。

これで、シンガポールでモバイルデータ通信を使ったインターネット接続が可能になります。

それではシンガポールの旅をお楽しみください!

フィリピン(マニラ、セブなど)でApple SIMを使う方法

2018.04.27