【今週の出来事】マニラに行く(4/16〜4/22)

【今週の出来事】マニラに行く(4/16〜4/22)

今週、どこで何をしたのか、どんなニュースを見たのか。そんな取るに足らない、けれどどこかに記録しておきたい、きわめて私的な「今週の出来事」をまとめました。

4/16(月)

部屋で仕事。4月に入って放置サイト(手が離れたサイト)が1つ増えたためにリソースが空く。これでまた新しいことが始められるのがうれしい。

当面の目標は、今まで英語だけで突っ走っていたところを、東南アジアの人たちと現地の言葉で会話できるように語学力をつけることです。

まずはタガログ語(フィリピン)。がんばろう。

4/17(火)

部屋で仕事。夜は会食。転職をする方と食事をしました。いつでも仕事ができる人というのは、どこか孤独な雰囲気を感じるのだと改めて思います。

カンヌ国際映画祭から締め出すとか、スティーブン・スピルバーグが言及するなど話題が尽きないネットフリックス。こういうのを見ると、今まで確立したポジションを崩されないように保守になっている人と新興勢力による人間関係を見ているようです。

尾原和啓さんの「ギブ」について、まったく同じように思います。「自分だけが知っている」はもはや時代遅れになってきているのが改めて分かります。

4/18(水)

昼間に映像素材の撮影。スペイシーで借りた部屋で撮影しました。1時間とかちょっとした時間だけ借りられるシェアリングエコノミーは本当便利ですね〜。

インドネシアで急成長しているというブカラパックの話。インドネシアの成長ぶりが気になるので見てきたいと思います。

4/19(木)

出社。感度の高い人たちとミーティングをすると頭が冴える。

いわゆるブロガーの収益化のひとつとして有料noteが流行っている気がします。「有料にする(クローズドにする)ほどの価値があるのだろうか?」と思ってしまうのが正直なところです。

「情報はオープンにする」「ギブ&ギブ」とは割りと間逆な路線だなと。

4/20(金)

部屋で仕事。夜は会食。クリエイティブな人はやはり素敵だと思う。

尾原和啓さんの『どこでも誰とでも働ける』が面白かった。尾原和啓さんの本は全部読んでいるけど、本作は特に面白かったと思います。赤いマフラーが意図的だったとは…(笑)。

SNSに敢えて投稿する画像や動画というのは、その人にとって「非日常体験だから」と考えれば、SNS疲れをする人は減るのではないかと思います。

自分はこの場所でこんなものを食べているというにじみ出るマウンティングも、「普段はそういうことができない」の裏返し(慣れている人はそういうことしない)。

いや、良い悪いということではなく、もし疲れている人がいるのならという話です。

4/21(土)

マニラに来た。

今回の目標のひとつがタガログ語の勉強です。現地で勉強というよりは、あらかじめタガログ語を勉強して現地で少しでも話せるようにするというものです。

外国人が日本語を少しでも話すとなんだかうれしいように、海外の人にとっても自分たちの言葉をそのまま話してくれるというのはうれしいものなのかもしれません。

今後は、行く国の言葉を少しでも話せるように覚えたいと思います。

4/22(日)

部屋で仕事。海外でも同じように仕事をしています。

夕方、比較的明るい時間帯に日本橋亭(和食レストラン)で食事。

SM Mall of Asiaに行くなど、一日中Grabを使っていた気がします。