【ケアンズ】ギリガンズ(Gilligan’s)唯一のナイトクラブに行ってみました

ギリガンズ(Gilligans)

旅行の楽しみのひとつが「夜遊び」という方も多いと思います。現地のナイトスポットを見学して回るというのも勉強になりますよね。僕も海外に行くと、現地のナイトスポットを回ることがよくあります(変な意味ではなく)。

今回はオーストラリアはケアンズ唯一のナイトクラブ「ギリガンズ(Gilligan’s)」に行ってみた現地レポートをお届けします。

ケアンズは観光がメインの場所だと思った方がよい

最初に書いておくと、オーストラリアの北部に位置するケアンズ(Cairns)は、観光がメインのため、都市のような夜遊びをする場所は期待しない方が良いということです。

もちろんつまらないというわけではありません。キュランダ鉄道に乗って行くキュランダ村の熱帯雨林はとても良い経験になりました。なので、どちらかというと自然などを楽しむ場所と捉えた方が良いかもしれません。

夜もとても早いです。ほとんどの場所が22時頃には閉まってしまうため、夜ちょっと外に出て楽しむということは期待できません(そもそもオーストラリアと言っても外国の夜中のひとり歩きは危険です)。

オーストラリアは広大なので、地図を見て「近いじゃん」と思っても、20分歩かないと行けないなんてザラでした(笑)。滞在場所によっては「ちょっとスーパーに行こう」と思ってもUber呼ばないと行けないこともあります。

若者が集うナイトクラブ、ギリガンズ(Gilligan’s)

ギリガンズ(Gilligans)

そんなケアンズで唯一若者が集って騒げる場所がギリガンズ(Gilligan’s)です。

ギリガンズはホテルとクラブが併設しており、ホテルに泊まる人からは「クラブの音がうるさくて眠れない…」という意見もあるようです。たしかに、クラブに行って音楽を聴くのは良いですが、泊まるのは大変そうですね(笑)。

ギリガンズの場所です。

ギリガンズは西はシェリダン・ストリート(Sheridan St)、東はグラフトン・ストリート(Grafton St)に挟まれています。どちらも「Gilligan’s」という看板が見えますが、入り口はグラフトン・ストリート側になります。

僕もどちらから入って良いのか分からず、ウロウロ一周してしまいました…。初めて訪れず海外の場所なんて、こんな恥さらしはしょっちゅうです。

ギリガンズ(Gilligans)

通りから見る、ギリガンズの入り口です。

 

ギリガンズ(Gilligans)

この列の右側に行くと、警備員さんに「ID」を見せるよう言われるので、パスポートを見せます。

左側はホテルに向かう通路です。これもまた分かりにくいところで、僕はホテルのロビーでウロウロしていました…(汗)

そして、カウンターで入場券を買います。インターネットで見ると「無料(フリー)」と書いてある人もいますが、僕は5ドルくらい払った気がします。イベント時などで変わるのかもしれません。

クラブ内はお酒が買えるにようになっており、その日のイベントを楽しめるようになっています。イベントはDJによるプレイだったり、バンドによる生演奏などがあります。僕が行ったときはバンドの生演奏でした。

ギリガンズは日本人でも気軽に入れるクラブですが、さすが外国のクラブだけあり、日本人は異端児です。女の子ならまだ交流を楽しめるかもしれませんが、男性ひとりではただその場の空気を楽しむ意外できません。

(白人女性たちを気軽にナンパできる人はやってみるのもよいでしょう/笑)

ギリガンズの外はとてもひっそりしています

ギリガンズ(Gilligans)

ギリガンズから出たところを撮影しました。車は多く停まっているのですが、人はちらほらしかいません(21時くらいです)。

僕は、Uberで自宅まで帰りました(このとき滞在していたのは車で10くらいの距離にある家です)。

今日のまとめ

ケアンズ唯一の無いとクラブ、ギリガンズを紹介しました。クラブに行ったら現地の人と会話をするもよし、音楽に身を委ねるのもよし、決まりの中で自由に楽しんでしまいましょう。僕はもちろん、こじんまりとお酒を飲んでいました。