タガログ語(フィリピン語)を勉強するおすすめの方法

タガログ語の独学

フィリピンに行って現地の人と交流すると「タガログ語を覚えたい!」と思いますよね。僕も最初こそ英語のみでしたが、どんどんタガログ語を覚えたい欲が上がってきました。

タガログ語を覚えるには「留学する」「教室に通う」などの方法もありますが、僕はどのスキルを習得するのも独学が基本なので、タガログ語も独学しています。

そこで、ここではタガログ語をどのように勉強してきたか(しているか)を紹介します。

世界一シンプルな外国語勉強法

純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法

まず、どの外国語にも共通しますが「外国語の勉強方法」を学ぶことからはじめましょう。『純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法』をオススメします。

本書では、「外国語テキスト」にありがちな「覚えてもいつ使うのか分からない単語や表現」を徹底的に省略し、「必ず会話で使う単語や表現」を覚えるという方法が紹介されます。

もちろんここから自分がよく使う表現を足していくのは自由です。たとえば僕ならホテルでお願いすることが多い「洗濯」「ドライヤー」などの表現は追加しています。

また、実際にどのような単語を覚えるか、どのような表現を覚えるか、どうやって覚えるか(ノートや表計算ソフトなどがあると便利)が解説されるので、効率良く外国語を学習できます。

僕は今も「新しい外国語」を勉強するときは本書のように「マイ単語&表現帳」をGoogleスプレッドシートに作って管理しています。

タガログ語とは逸れてしまいましたが、急がば回れということで、最初に「外国語の勉強方法を知る」という点で読んでおきたい一冊です。

旅の指さし会話帳 (14)フィリピン

旅の指さし会話帳 (14)フィリピン ここ以外のどこかへ! -アジア17

本が続きます。外国語をかじるときの王道「旅の指さし会話帳」シリーズです。

外国語を学習するときにアプリは便利なのですが「旅の指さし会話帳」シリーズは、言語によって対応がいまいちなものもあり、タガログ語はいまいちなため「本」(Kindle版)を推奨します。

『世界一シンプルな外国語勉強法』で外国語の勉強方法が分かったら、本書で該当する語句をチェックしていくと良いでしょう。辞書には載っていないけど、「こうやって話すんだ」ということも分かります。本シリーズは後半数ページにある「文法」解説も非常に分かりやすいです。

外国語学習は、シャレた言い回しは置いておき「基本の文法(S+Vなど)」「肯定」「否定」「疑問」「過去・未来」「〜したい」などをどのように言うかを覚えるのが圧倒的に早道です。

App:nemo タガログ語

nemo タガログ語

NemoのiOSアプリ「nemo タガログ語」Android版はこちら)。

「旅の指さし会話帳」と同じですが、アプリはNemoシリーズが圧倒的です。

無料版では必要最低限の単語や表現が使え、課金すると多くの単語や表現が使えるようになります(1200円くらいです)。僕は課金して使っています(こういう学習は惜しまない方が良い)。

Nemoシリーズは、「日本語↔タガログ語」の辞書だけでなく、それらの発音なども収録されているので、音声から学ぶのにぴったりです(CD付き書籍が必要ない)。

Google翻訳

分からない単語や表現があったとき、Google翻訳をガシガシ使っていきましょう。

『世界一シンプルな外国語勉強法』では「外国語→日本語」は使っても良いけれど、「日本語→外国語」は使わない方が良いと解説にありました。僕も概ね同じ意見を持っています。

たとえば、「すみません」を外国語に翻訳すると「ごめんなさい(sorry)」の意味なのか、「ちょっと失礼(excuse me )」の意味なのか、現時点では言語によって判別できないものがあります。

そのため、「日本語→外国語」は本やアプリで調べて語彙を増やす、「外国語→日本語」はGoogle翻訳で概要を把握するとい使い方が良いでしょう。

YouTube:Learn Filipino – Filipino in Three Minutes

外国語学習にはYouTubeを活用するのもオススメです。「Learn Filipino – Filipino in Three Minutes」はフィリピン語を3分間で学習するチャンネルです(再生リストになっています)。

チャンネルにはこの他にも多くの再生リストがあるので、動画を使って学習するときはひとつずつ見てみましょう(僕はこの再生リストのみ視聴しました)。

YouTube:タガログ語講座(ニーナ)

男性ファンが多い(笑)ニーナさんの「タガログ語講座」シリーズです。

現時点でタガログ語学習の動画は3本しか投稿されていませんが、どれも愛嬌があるので(特に男性なら)娯楽の意味も込めて楽しめると思います(僕もついつい見てしまいました)。

Web:わかりやすいフィリピノ語

現時点でもっとも良いと思うタガログ語学習サイトが「フィリピノ語をはじめよう」です。

まず、「わかりやすいフィリピノ語」でかんたんなフィリピノ語(タガログ語)を学習し(挨拶や自己紹介など)、そのあと「フィリピノ語を基礎から独習」で文法の基礎を読むと、頭に入ってきやすいです。ただ、文法は少し難しいので長期間かけて学習する覚悟が必要です…。

Web:小さな日本-フィリピン交流@Oka-chan

日本にあるフィリピンのお店でタレントさん(いわゆる水商売の女性)と知り合い、タガログ語の学習を始めたというOka-chanさんが運営する「小さな日本-フィリピン交流@Oka-chan」。

「すぐに使えるタガログ語(タガログ語最速勉強法)」のページには、「使うものから覚える&覚えたものから使う」と書かれています。やはり、最初にもあったように「どれを覚えるか、どれを覚えないかを分別する」というのが大切なのだと思います。

おわりに

僕がタガログ語の学習に使ってきたコンテンツをまとめて紹介しました。

最初に「外国語学習方法」を学んだあとは、あとは「単語&表現を覚える(インプット)」「使う(アウトプット)」を繰り返していくのが良いと思っています。

リアルタイム翻訳が普及して「語学は必要なくなるのか?」などと言われていますが、こんな時代だからこそ生の言葉で話せるというのも素敵だと思います。

外国で現地の言葉を話したときの相手の笑顔って僕は大好きです。