YouTube動画マーケティングにおすすめの本【2018年最新版】

YouTubeをはじめるとき、「とりあえず撮影する」のではなく、「まずは本を読む」という方もいらっしゃると思います(僕がこのタイプだったりします)。

もちろん「勢い優先」でダダダッと撮影しちゃうのも良いかもしれませんが、ある程度先のコンテンツを考えて作りたい場合は、それなりにマーケティング戦略を考えたいですよね。

ということで、ここでは僕がYouTube動画をはじめるのに参考にした書籍を紹介します。

最初に断っておくと、この記事では「YouTube動画マーケティング」について参考になる書籍を紹介しています。そのため、いわゆる「テキスト動画」などを推奨するものはありません。

基本的にはおすすめ順(上から順番に読んでいくと良い)に掲載しています。各自のニーズ(何を知りたいか)によって選んでみてください。

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

日本で起きていることは、まだ序章に過ぎない。テレビ、音楽、出版、映画、広告、ジャーナリズム、政治、ビジネス…。すべてがYouTube=「世界標準プラットフォーム」から発信される未来。YouTube副社長(チーフ・ビジネス・オフィサー)による待望の書!

まずは、「YouTubeのこれから」がもっともよく分かる『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』です。本書を読むと、YouTubeの伸びしろを改めて知ることができます。

動画コンテンツはかなり発展してきた感じがしますが、技術的には「1950年代のテレビくらい」という表現もあるほどです(今参入しない手はありません)。

解説を落合陽一さんが書いているのもポイントです(めちゃくちゃ難解でしたが笑)。

何を隠そう、僕は本書を読んで「自分もYouTubeというものをやってみよう」と思い立ちました。

ユーチューバーの条件、実際に成功した例、マネタイズといったものから、これからのYouTubeが分かるので、YouTubeというプラットフォームを使うとき、まず最初に読んでおきたい一冊です。

YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~

YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方 (光文社新書)

動画投稿で稼ぐ人が増えている。多くの再生回数が見込めそうなテーマを立てて自分で出演、撮影・編集までこます、いわば「ひとりプロダクション」。休日の副業にしている人から、ある程度の収益が見込めるようになったのち、動画一本で生計を立てる人まで活用法はさまざまだ。広告収入を上げるコツ、SNSでの拡散法、最適な動画共有サイトは人によってそれぞれ異なる。「稼ぎたい」「有名になりたい」という願望は、YouTubeで簡単にかなえられるのだろうか?日本で最も動画共有サイトの立ち上げに携わってきたビデオブロガーが、トップクリエイターたちへのインタビューを交え、動画投稿ビジネスについて考える。

ガジェット系のビデオブロガーとして知られるジェットダイスケさん(愛場大介氏)による『YouTubeで食べていく~「動画投稿」という生き方~』。

ジェットダイスケさんが自他共に認めるガジェットオタクで、さまざまな分野の造詣が深いため、ユーチューバー関連の著作の中ではもっとも冷静に物事を分析している一冊です。

(個人的にジェットダイスケさんが好きというのもあります)

本書ではユーチューバーのインタビューも掲載されています。この選定も「人気者」「炎上」「キュレーション」などすごくバランスが良いんです。

YouTubeだけでなく、インターネットの「コンテンツ」がどのように発展してきたかについても詳しく解説されているので、体系立てて理解したい方にもおすすめの良書といえます。

YouTubeで小さく稼ぐ

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

昨日、スマホで撮った、ペットの動画がお金になる?実は動画はこづかい稼ぎの最強ツールだった。ペットや料理、掃除方法、メイクの仕方、折り紙の折り方、誰もが当たり前のようにやっていることを動画にしてアップするだけで、お金になるのがYouTube。楽しみながら、効率よく、「動画をお金に変える」テクニックを教えます。

ユーチューバー、MEGWINさんによる『YouTubeで小さく稼ぐ』です。

おそらく「YouTubeをやってみようかな」という人の多くが(そしてこの記事を読んでいる方の多くが)「YouTubeで収入を得たい」という人だと思います。

そういう方にとって読みやすいのが本書です。「まずはやってみよう」という軽いノリで動画投稿ができるようになっているので、心理的ハードルは感じません。

また、「だらだら撮って、なんかおもしろいことが起こればいいな」という素人が陥りがちなパターンなども紹介されています。

本書にも書かれていますが、「『水曜どうでしょう』はプロがやっているもの」です(笑)。

どちらかというと、「登録者数」「再生回数」にフォーカスしたものなので、MEGWINさんのようにコメディ色が強い動画を作りたい方に合っている一冊といえます。

僕の仕事は YouTube

僕の仕事は YouTube

『HikakinTV』『HIKAKIN』『HikakinBlog』総登録者数130万人超!総再生回数3億3千万回超!日本一のYouTuberが明かす成功秘話&必勝法則。

メモ

※書籍が発売された当時(2013年)、「HikakinGames」はまだありませんでした。

日本のユーチューバーといえばこの人、HIKAKIN(ヒカキン)さんの『僕の仕事は YouTube』。

Amazonのレビューを見ると、星1つのレビューも多くありますが、個人的にはそれは参考にならないと思っています。なぜなら、「本書を買って実践しても稼げない」といった短期目線でしか見られていないものや、単純な「妬み」などが多いからです。

HIKAKINさんて何年もの間、ひたすら動画を投稿している時期ありますからね。もっと言えば、いまだにそれを続けているというスゴい方だと思います。

また、これだけ世間的に「成功」しているにもかかわらず、「世界を目指すなら、やっぱり英語!」だと書いているのも素晴らしいですよね。

悔しいけれど、日本語でおしゃべりするスタイルの「HikakinTV」は、説明がいらないくらいインパクト絶大な衝撃シーンでもない限り、世界中の人に気に入ってもらうといのは難しいです。(中略)

僕は将来的には、英語を習得して、全世界の人が楽しめるチャンネルを毎日更新できるようになりたいと思っています。

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方

HKTから脱退して、どん底状態からSNSで這い上がってきたゆうこすさんの著作『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』。

本書はYouTubeに特化したものではありませんが、SNSを知る上で読んでおきたい一冊です。僕が企業とSNSの仕事をするとき、マーケティングの方におすすめしています。

どうしても大人になると、若者の感覚って鈍るんですよね…(笑)

「こうやってSNSを使うんだ」「女の子はこういうことを思っているんだ」というのが分かりやすく書かれているので、SNSマーケティングをするときに読んでおきたい一冊です。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

これまでユーチューバーの書籍が多かったですが、『iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座』は、タイトル通りYouTubeの動画撮影&動画編集の技法について書かれた一冊です。

技法といっても、Final Cut ProやAdobe Premiere Proを使ったものではなく、誰でもできるかんたんな方法が紹介されているので、「Tips」(小技集)として一冊置いておくと安心します。

たとえば、「縦向き動画」「セミナー動画」「スライドショー」のほか、タイムラプスなどを使ったトリッキーな動画撮影&編集方法について解説されています。